« BOOK>罪と罰〈下〉 | トップページ | BOOK>「プチ・ストレス」にさよならする本 »

2006/01/24

BOOK>思い通りの家を造る

家を建てるとしたらどんなものがいいんだろう。一度や二度そういうことを考えたことはあるでしょう?

実際に家を建てるのは様々な理由から、そう簡単なことではない。しかし、家を考えることによりライフスタイルが変わってくることもある。家とは生活の場であるから、その形を考えることにより新たな価値の発見があるかもしれない。

本書ではその住む(生きる)ということの本質を考え、あるべき姿の住宅論を展開されている。

いつの間にか刷り込まれている固定観念という名の常識は捨てるべきなのかもしれない。

4334031072
思い通りの家を造る
林 望

関連商品
書斎の造りかた―知のための空間・時間・道具
リンボウ先生の書斎のある暮らし―知のための空間・時間・道具
文章術の千本ノック―どうすれば品格ある日本語が書けるか
知性の磨きかた
書斎曼荼羅 1 ―― 本と闘う人々
by G-Tools

|

« BOOK>罪と罰〈下〉 | トップページ | BOOK>「プチ・ストレス」にさよならする本 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/6210746

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK>思い通りの家を造る:

« BOOK>罪と罰〈下〉 | トップページ | BOOK>「プチ・ストレス」にさよならする本 »