« BOOK>アイシールド21 16 | トップページ | BOOK>Silent Night »

2005/12/13

映画>SAYURI

憧れの日本女性を描いた作品。事実とか本物とかそういう話をする映画じゃないと思う。どういう風に見られているのか。それを客観的に知ることができた気がする。

原作は海外で生まれた小説。決して日本人が描いた日本の文化というわけではない。生まれからして海外の視点に立ってみている日本を描いているのだから、日本映画としてみるわけにはいかない。

しかしこの映画はどうにもとらえどころがない。完全に外国映画(ハリウッド映画)なのに、日本映画っぽくしようとしているからじゃないかと思う。この映画を全く違う第三者がみて日本人が描いた日本映画だと思われると、それはちょっと違うぞといいたくなってしまうような、なんかもどかしい気持ちにさせられた。

事実と描かれている世界が違うかどうかは他のもっと詳しい方にお任せするとして、わたしゃ映画の感想をば。

主演のチャン・ツィイーと渡辺謙はもうなにもいうことなし。

今回はアクションなどはないかわりに踊りを披露してくれたチャン・ツィイー。もう誰が見ても綺麗という言葉がわいてくるのではないでしょうか。魅力あふれる女性です。

そして先日衝撃の結婚をした渡辺謙さん。映画中でも素晴らしい物を見せてくれてましたよ。存在感というかスクリーンにでてきて目をうばれる俳優というのはなかなかいません。本当にこれからの活躍も楽しみで仕方がありません。

そしてその周りにも様々なベテラン名俳優たちが固めてしっかりと映画をサポートしている。見ていて全く不安を感じずに楽しませてもらいました。

台詞回しについてはこれは意図的にやっているんだと思うんですが、日本語が入る場所がなんか不自然。英語で話すなら英語で基本的には話して欲しかった。「何とかさん」とかだけ日本語というのはどうしてもおかしいですよ。単語のレベルを超えて時折織り込まれる日本語もやっぱり不自然に感じる。日本語の"単語"が織り込まれるのは仕方がないとして、そのレベルを超えるとどうしても片言で会話をしている印象がぬぐえず、違和感を感じた。

また惜しむらくはちょっと日本の風景が少なく感じたこと。それと町並みとか置屋とかがセットっぽさが滲み出てしまっていたのは仕方がないのでしょうか。

私がみたのは場所が六本木ヒルズだったせいもあるのか、海外の方が多かったのが印象的。満席でそのうちの2,3割くらいの人が日本人以外。で、さらにいうと日本人も女性グループで来ている人が多かった。全体的に海外の人と女性の人の割合がものすごく多い映画でした。


§

4167661845
さゆり〈上〉
アーサー ゴールデン Arthur Golden 小川 高義

関連商品
Memoirs of a Geisha
さゆり 下 文春文庫 コ 16-2
Memoirs of a Geisha
柔らかな頬〈上〉
柔らかな頬〈下〉
by G-Tools
4163188401
さゆり〈下〉
アーサー ゴールデン Arthur Golden 小川 高義

関連商品
さゆり 下 文春文庫 コ 16-2
Memoirs of a Geisha
さゆり〈上〉
Memoirs of a Geisha (Penguin Joint Venture Readers S.)
Hirohito and the Making of Modern Japan
by G-Tools

|

« BOOK>アイシールド21 16 | トップページ | BOOK>Silent Night »

映画」カテゴリの記事

コメント

突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。トラックバックさせていただきましたので、投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2005/12/23 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/7575953

この記事へのトラックバック一覧です: 映画>SAYURI:

» 日本インターネット映画大賞 [日本インターネット映画大賞 in ブログ]
 映画ファンの皆様、毎年恒例の日本インターネット映画大賞(旧称:ニフティ映画大賞 [続きを読む]

受信: 2005/12/23 01:52

» 映画館「SAYURI」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ~!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよう...... [続きを読む]

受信: 2005/12/24 06:33

« BOOK>アイシールド21 16 | トップページ | BOOK>Silent Night »