« BOOK>本の雑誌 (2005-12) | トップページ | 映画>映画>ハリー・ポッター 炎のゴブレット »

2005/11/26

映画>変身

こいつは誰なんだ。なんか最後までわからずに終わってしまった印象。

主役に玉木宏と蒼井優を迎えて東野圭吾の原作を映画化。ちょっと期待していたのですが、映画としてちょっと成り立っていない気がしてなりません。

冒頭は大自然の中で名前を呼びかけられるシーン。ここが全ての原点なのでしょうが、今ひとつ現実なのか夢なのかはっきりとせず。そして次のシーンでは病院で目を覚まし、頭に怪我を負っていたことが解かる。

で、ここから全てが問題なんですよ。っていうかほとんど全編を通して謎だったのがこの病院とこの怪我の原因。そしてこの主人公が一体誰なのかがはっきりとしないこと。

とにかく謎を入れ込もうとしているのでしょうが、残念ながら謎というよりもまったくもって何が行われているのかがわからない状況でストーリーが進んでいく展開にまったく共感できませんでした。

一番問題なのが、玉木宏演じる成瀬純一のキャラクターについて。冒頭から頭に怪我を負っていることと、初めのほうに脳ミソが普通に研究室に置かれているところなど目撃シーンなどがあり、脳移植が行われたことはよくわかる。

そして恋人とのやり取りの食い違いから、ホストとなる成瀬純一の人格が移植された脳に取り込まれているだろう事が窺い知る事ができる。

しかしながら元々の成瀬純一なる人物像と脳移植の元の人物象が全くもって知る機会がないままに一人の人物の中に二人の人物を描いてしまっているので、今どういう状況なのかわからないまま。途中からもう追うのはあきらめつつ、蒼井優って意外と大人っぽい面もあるんだななどとみてましたわ。

個人的にエンディングテーマに使われている拝郷メイコの曲が大好きなので、あわった後は大満足でした。

§

4061856987
変身
東野 圭吾

関連商品
分身
悪意
宿命
同級生
私が彼を殺した
by G-Tools
B0009N2ZGA
日々是青色
拝郷メイコ 内田敏夫 藤井理央

関連商品
ソイトゲヨウ
ミチカケ
どれどれの唄
Una Voce
三日月の夜
by G-Tools


|

« BOOK>本の雑誌 (2005-12) | トップページ | 映画>映画>ハリー・ポッター 炎のゴブレット »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/7303747

この記事へのトラックバック一覧です: 映画>変身:

« BOOK>本の雑誌 (2005-12) | トップページ | 映画>映画>ハリー・ポッター 炎のゴブレット »