« BOOK>DEATH NOTE 8 | トップページ | 映画>ALWAYS 三丁目の夕日 »

2005/11/06

映画>春の雪

本当に素晴らしい。一つ一つとても丁寧に作られていて、それらが心にすっと染み入る。

私は三島由紀夫の本は一切読んだことがないのですが、この映画を見てすごく興味がわきました。勝手なイメージでなんか堅苦しいというか小難しいことをいっているんじゃないかと思っていたのですが、これは単なる食わず嫌いだったのかもしれません。新しい世界を教えてもらえるかもしれない。そんな予感さえ感じさせてくれる映画。

主役は妻夫木聡と竹内結子。

妻夫木聡の映画はもう数知れず見ているし、その点ではとても安心して見られる。本作でも初めは腑抜けたふざけた奴だったのが最後には情熱的な好青年へと変貌していくのが、一人の人物でしっかりと描かれているのが好印象。

そして竹内結子。やっぱり素敵です。混じり気のないお嬢様がここまで似合う女性はそんじょそこらにはいません。

そして映画全体を包み込む雰囲気がとても快かった。ロマンという言葉がとても似合う映画だ。

真面目に一途に互いを思いつつ、しかしその思いが遂げられる事はない。ただ意固地になるわけではなく、思いを大切に育てていく。大事なものを失わずに大切にすること。素晴らしいではありませんか。

|

« BOOK>DEATH NOTE 8 | トップページ | 映画>ALWAYS 三丁目の夕日 »

映画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
この度、トラックバックさせていただきました。ありがとうございました。
予告編から気になっていた「春の雪」、あの雅な世界が心地良かったです。

投稿: りか吉わんわん | 2005/11/06 20:25

>りか吉わんわんさんへ
本当に良かったですよね。本文でも書きましたが、これは時間を見つけて三島由紀夫文学の世界にふれられずにはいられない。

#ちょっといま未読の山に囲まれて身動きが取れないのでしばらくかかりそうですが(^^;。

投稿: ニャンゴロ | 2005/11/08 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/6929467

この記事へのトラックバック一覧です: 映画>春の雪:

» 「春の雪」。 [時間倍速『映画』日記(?)。]
映画の日。 仕事が終わり、急いで家に戻り、母とギリギリで観に行きました。 [続きを読む]

受信: 2005/11/06 20:27

» 「春の雪」 ほんとの主役は♀♀♀だった [アタマにシャンプー、ココロにシネマ。]
☆☆☆ 妻夫木聡と竹内結子の恋愛映画を見に行ったつもり だったのに、中身は若尾文 [続きを読む]

受信: 2005/11/06 22:00

» 妻夫木聡は1人3役できる〜「春の雪」 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
三島由紀夫「豊饒の海」第一巻を原作とする映画「春の雪」は、様々な原作との齟齬はあるものの、大きな収穫を得たと思う。清顕役を演じた妻夫木聡だ。彼なら、今後期待される第二巻「奔馬」や第四巻「天人五衰」の映画化でも転生の主人公の役割を演じられる予感がするからだ....... [続きを読む]

受信: 2005/11/08 23:43

» 春の雪 [美貌録(備忘録)]
10月29日から公開になる「春の雪」を観よう。その前にレンタルしてきた「春の雪~清顕と聡子の追想物語~」を観ておくと更?に楽しめるかな。 三島文学がどこまで再現できているか? 本から入る人はこちら。 瀬を早み 岩にせかるる 滝川の・・・・・ われても末に あわむとぞ思ふ・・・・・ 崇徳院(すとくいん)(1119~1164) 第75代天皇  本日観てきました。敷島シネポップ、13:20上映でお客の入りは70~80%、席の左右4名は若い女性でした。右側の女性は靴を脱いでいました。私も同... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 20:55

» 春の雪 [toe@cinematiclife]
行定監督は、長編第一作の『ひまわり』を偶然見ていて、それ以来、気になる監督の一人。 今回も、原作はよく知らないし、内容もあまり知らずに行ってみた。 ちょっと、どうかなぁ~と思いも抱いていたのだけど、思いのほか感動して泣いて帰ってきましたよ。 <STORY> 松枝清顕(きよあき(妻夫木聡))は、公家での優雅さを身につけるため、綾倉家で育てられる。 綾倉家の令嬢・聡子(竹内結子)は、幼馴染であり、将来... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 23:19

« BOOK>DEATH NOTE 8 | トップページ | 映画>ALWAYS 三丁目の夕日 »