« BOOK>京極噺六儀集 | トップページ | 映画>大停電の夜に »

2005/11/20

映画>エリザベスタウン

絶望の淵から叩き落されて、這い上がる。でも楽しそうだから面白い。

物語は新製品を発売したもさっぱり売れずに返品の山--1000億円の赤字を出してクビになって、恋人には振られて、もう部屋の物を全て道端に捨ててきれいさっぱりとして、今まさに自殺をしようとしている時に、父親の死の知らせが届く。

ここから始まる物語。これ以上落ち込む隙間もないくらい、どん底から生きていこうとするのだからたいした物語です。

なにはともあれ、やることができた。父親を迎えにいくためにエリザベスタウンに戻る主人公。その飛行機の中で出会うスチュワーデスが主人公の運命を変えていく。人の人生って本当に何が起こるかわかりませんね。

町中にはその父親をしのぶ人々が待っていた。何も語られてはいないけれども、きっと町の人から好かれていんだろうな。

町に戻ってから葬式を行うところまで、日本とアメリカの違いで解かりづらかったのですが、喪中の過ごし方の違いがとても面白かった。

ラストの父親の遺灰との二人っきりのドライブ。ものすごく格好よかった。二人がどんな関係でどんな風に話してきたのかは、関係がない。最後にしっかりと分かり合えればいいんじゃないかと、相思った。

あの地図のように道しるべがあったら。嬉しいかもしれないし、楽しいかもしれない。一度は手にしたい地図。

|

« BOOK>京極噺六儀集 | トップページ | 映画>大停電の夜に »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/7236263

この記事へのトラックバック一覧です: 映画>エリザベスタウン:

» エリザベスタウン [エンタメ!ブレイク?]
 あなたはどうでしたか?この作品は、傷つき疲れた魂を救った奇跡の6日間を描く、ポップでロックでハートウォーミングな物語。キャメロン・クロウ節ともいえるコミカル×シニカル×ミュージック三昧のごった煮の中に流れる「想い」を受け止められるかどうかで評価が分かれるだろう。  オーリー様のしっとり感動ストーリーを求めているなら、きっとウロウロ、ダラーン鑑賞となるのではなかろうか?... [続きを読む]

受信: 2005/11/25 02:44

» 【映画】 エリザベスタウン ★★ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 仕事一筋に情熱を燃やしてきた 大手シューズ・メーカーの新進デザイナー、ドリューは、 社運を賭けた新型スニーカーを発表するが、 商品の返品が相次ぎ、プロジェクトは大失敗。会社を解雇されてしまう。 夢に破れ、生きる気力を失ったドリューは、 自らの人生を終わらせる覚悟を決めるが、 命を絶とうとしたまさにその時、疎遠になっていた父の訃報が飛び込んでくる。 失意の中、葬儀の準備のため、 父の故郷・エ... [続きを読む]

受信: 2005/11/29 22:58

« BOOK>京極噺六儀集 | トップページ | 映画>大停電の夜に »