« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/30

BOOK>ミステリーズ!VOL.13

stars 常に新規軸を打ち出す

第2回ミステリーズ!新人賞受賞作の発表。そして新連載4本と新しい作品が次々と読めるのがとても嬉しい。この中から名作と呼ばれるものが出てくるかもしれないと思うと、どきどきしてしまうではないか。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/27

photo
ミステリーズ!VOL.13
東京創元社 2005-10-10
ミステリーズ!VOL.11 ミステリーズ! (Vol.12(2005August)) ミステリーズ!Vol.10 ミステリーズ!Vol.09 ミステリーズ!Vol.08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK ;ミステリーズ!12(BlogPet)

今日、ニャンゴロが
今の時代で言えばレトロなものだろうが、当然その時代にはデモで使われていたものたち。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/29

BOOK>ミステリーズ!12

4488030122
ミステリーズ! (Vol.12(2005August))

関連商品
ミステリーズ!VOL.11
ミステリーズ!Vol.10
ミステリーズ!Vol.09
ミステリーズ!Vol.08
ミステリーズ!VOL.13
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/28

BOOK>本の雑誌 (2005-10)

翻訳ミステリーって毎月新刊書が本屋の一等地に何冊も並んでいるのでもっと売れているのかと思いきやそうでもないんですね。

確かに私も食わず嫌いなところはあるかもしれません。今度なにか適当に読んでみようかな。

本の雑誌 (2005-10) 台風足止め追突号 No.268
4860111303
本の雑誌社 2005-09
売り上げランキング : 2,043

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/27

映画>映画>ハリー・ポッター 炎のゴブレット

段々と大人になっていくハリー・ポッターにちょっと頼もしさを感じた。

1よりも2のほうが、2よりも3のほうがと個人的にはよくなっているシリーズだと思ってます。というか、1と2は面白いのですがあまり好きではない作品だったりします。それから段々とシリーズの世界感が作りこまれてきて、落ち着いてきたという印象がとても強いです。

また前作から監督もかわってシリーズとは思えないくらいの変貌振りにちょっと驚いたりもしましたが、本作もその路線を強くしつつある印象。それが主人公たちの少年から青年へと変貌しつつあるところでしょうか。年齢的にもいいところだと思うので、この辺は"当り"でしょうか。

そして肝心の本作。見ていてずっと思っていたのですが、原作に忠実というか、原作の粗筋を映像化している印象しかもてなく、どうしても楽しむことができませんでした。

映画は映画でやっぱりアレンジして映画なりの見せ場をしっかりと作って楽しませて欲しかった。なんか満遍なく描こうとして全てが中途半端になっているといった悪い印象ばかり受けて、最後までいってしまいました。

原作の世界観がとても素晴らしいことは確かで、それらをしっかりと映像化している点はとても素晴らしいと思いますが、原作の人気におんぶにだっこだけじゃもったいない気がしてなりません。

§

4915512452
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子

関連商品
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2)
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (UK)(Paper)(3)Adult Edition
ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/26

映画>変身

こいつは誰なんだ。なんか最後までわからずに終わってしまった印象。

主役に玉木宏と蒼井優を迎えて東野圭吾の原作を映画化。ちょっと期待していたのですが、映画としてちょっと成り立っていない気がしてなりません。

冒頭は大自然の中で名前を呼びかけられるシーン。ここが全ての原点なのでしょうが、今ひとつ現実なのか夢なのかはっきりとせず。そして次のシーンでは病院で目を覚まし、頭に怪我を負っていたことが解かる。

で、ここから全てが問題なんですよ。っていうかほとんど全編を通して謎だったのがこの病院とこの怪我の原因。そしてこの主人公が一体誰なのかがはっきりとしないこと。

とにかく謎を入れ込もうとしているのでしょうが、残念ながら謎というよりもまったくもって何が行われているのかがわからない状況でストーリーが進んでいく展開にまったく共感できませんでした。

一番問題なのが、玉木宏演じる成瀬純一のキャラクターについて。冒頭から頭に怪我を負っていることと、初めのほうに脳ミソが普通に研究室に置かれているところなど目撃シーンなどがあり、脳移植が行われたことはよくわかる。

そして恋人とのやり取りの食い違いから、ホストとなる成瀬純一の人格が移植された脳に取り込まれているだろう事が窺い知る事ができる。

しかしながら元々の成瀬純一なる人物像と脳移植の元の人物象が全くもって知る機会がないままに一人の人物の中に二人の人物を描いてしまっているので、今どういう状況なのかわからないまま。途中からもう追うのはあきらめつつ、蒼井優って意外と大人っぽい面もあるんだななどとみてましたわ。

個人的にエンディングテーマに使われている拝郷メイコの曲が大好きなので、あわった後は大満足でした。

§

4061856987
変身
東野 圭吾

関連商品
分身
悪意
宿命
同級生
私が彼を殺した
by G-Tools
B0009N2ZGA
日々是青色
拝郷メイコ 内田敏夫 藤井理央

関連商品
ソイトゲヨウ
ミチカケ
どれどれの唄
Una Voce
三日月の夜
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/25

BOOK>本の雑誌 (2005-12)

stars 正しい立ち読みを

本の雑誌でまさか立ち読みの特集が組まれるとは。しかし本の雑誌らしいのはただの立ち読みではない。単行本を一冊まるまる読みきれるかどうかに挑戦するとは。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/23

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/24

BOOK>リアル 5

stars どん底の苦しみ

健常者にはどうしてもわからない壁があるのか。歩けない奴に歩ける奴が何を言うべきなのか。必死で支えようとしている母親の姿がとても印象的だ。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/21

photo
リアル 5 (5)
井上 雄彦
集英社 2005-11-18
リアル (4) バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (21) GANTZ 18 (18) D-LIVE!! 12 (12) ヒストリエ 3 (3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

映画>乱歩地獄

乱歩の世界の魅力。その味わい。不可解な人間たちの織り成す物語がたまりません。

普通の映画ではないことは、確かです。原作を江戸川乱歩の小説に求めて、その奇妙な世界をしっかりと映像にして、しっかりと奇妙な世界を見せてくれている。

物語は4作品から作られている。
火星の運河 竹内スグル監督
鏡地獄   実相寺昭雄監督
芋虫    佐藤寿保監督
蟲     カネコアツシ監督

そして全作品に出演しているのが浅野忠信。どれもこれも普通の世界ではないので、正直よくできたなと感心してしまいます。他にも成宮寛貴や松田龍平など乱歩ワールドにしっくりとくる妖艶さを備えたキャストが公演。

まともな世界でないのは決して変な世界ではなくて、なんか一線を越えたらそこに存在していそうで、怖い。でも、だから面白い。

奇妙でへんちくりんなのに人をひきつけてやまないその世界がたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK ;ライブドア広報 乙部綾子(BlogPet)

今日、ニャンゴロたちが、40のヒントというのはどこに書かれている人の声というものが聞こえるかというかこの本はどこに書かれている人の声というものが聞こえるかと思って読んでみたの?
今ひとつ
なにかと話題をさらうライブドアと堀江貴文
その実情を知って読んでみたのですが
と、ニャンゴロは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

映画>親切なクムジャさん

とんでもない。ありえない。けれども不思議と真実っぽいから不思議だ。

復讐って言葉は小さなものから大きなものまで、心に秘めていつか達成するもの。無実の罪で刑務所にはいっていたクムジャさんはとってもとっても大きな復讐プランを練り続けている。

怖いじゃありませんか。物語は刑務所の中でのエピソードと外に出てから復讐劇が展開されているが、外での無表情ぶりを見ながらだと刑務所の中での天使のような笑顔もまたよりいっそう怖い。

ただいろいろと出てくる人たちが正直役割が解かりづらいのが難点なきがします。個性的なキャラクターばかりでそのエピソードを盛り込んでいるのは解かるのですが、繋がりが今ひとつ。ここら辺は落ち着いてもう一度見直して解かれば面白いところがあるかもしれません。

ラストの廃校での私裁判は迫力というか、すごいものがありました。あの恨みをもっている人間を集めて、その恨みを晴らすかどうか。一人だとできないこともああいう場であのような復讐の舞台を用意されたら、リンチも素直にできてしまうかも。

見終わってなにかスッキリとするようなしないような、不思議な気持ちになります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/11/21

映画>大停電の夜に

電気が消えた瞬間に物語が始まって、特別な夜となった。この特別な雰囲気がこの物語を素晴らしいものに消化してくれているのです。

始まりはばらばらとそれぞれの人々がクリスマスをどのようにすごしていくのか。そこから始まり、それはとてもありきたりで平凡な物語だと思えるものだった。でも観客としては何かが始まるだろう。そう期待をせずにはいられない。

そして発電所に隕石(?)が落ちて一瞬で町中の電気が消えていく。人々の活動が一瞬で止まる時。なんかどきどきしっぱなしでしたよ(^^;。

もしも本当に都心が停電したら物語が生まれるどころかパニックが発生するだろうなっていう思いはもう予想ではありませんか。ひと時の特別な時を楽しむ。それでいいじゃありませんか。

一応物語の主軸におかれているのは豊川悦司と田畑智子の二人を中心としてそこに集まっていく人々になっているのかな。

とてもよかったのは停電のおかげで活躍していた光源のろうそく。何もないのにキャンドルともしたらくさくて仕方がないですが、キャンドルの光で様々な雰囲気を演出してくれているのがとてもよかった。

個人的に恋愛ドラマでどうしても入り込めないのがそのくさい雰囲気なのですが、停電でキャンドルをともすのが必然ならもう何も言う事はありません。浸りきっちゃいました。

映画は光。とにかくその映像質感には魅せられっぱなし。それにあわせて載せられる音楽もとても素敵なものばかり

冬の静かな夜にゆっくりと見たい映画なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/20

映画>エリザベスタウン

絶望の淵から叩き落されて、這い上がる。でも楽しそうだから面白い。

物語は新製品を発売したもさっぱり売れずに返品の山--1000億円の赤字を出してクビになって、恋人には振られて、もう部屋の物を全て道端に捨ててきれいさっぱりとして、今まさに自殺をしようとしている時に、父親の死の知らせが届く。

ここから始まる物語。これ以上落ち込む隙間もないくらい、どん底から生きていこうとするのだからたいした物語です。

なにはともあれ、やることができた。父親を迎えにいくためにエリザベスタウンに戻る主人公。その飛行機の中で出会うスチュワーデスが主人公の運命を変えていく。人の人生って本当に何が起こるかわかりませんね。

町中にはその父親をしのぶ人々が待っていた。何も語られてはいないけれども、きっと町の人から好かれていんだろうな。

町に戻ってから葬式を行うところまで、日本とアメリカの違いで解かりづらかったのですが、喪中の過ごし方の違いがとても面白かった。

ラストの父親の遺灰との二人っきりのドライブ。ものすごく格好よかった。二人がどんな関係でどんな風に話してきたのかは、関係がない。最後にしっかりと分かり合えればいいんじゃないかと、相思った。

あの地図のように道しるべがあったら。嬉しいかもしれないし、楽しいかもしれない。一度は手にしたい地図。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/11/19

BOOK>京極噺六儀集

京極夏彦という名前を見ただけで無条件に本を購入してしまうほど、大ファンです。

やっぱりなんともいえぬ工場の面白さ、物語の楽しさ。思わずうまいとうなってしまうこと請負。

京極噺六儀集
4835615603京極 夏彦

ぴあ 2005-08-11
売り上げランキング : 2,520

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
京極夏彦対談集 妖怪大談義 大東京三十五区亡都七事件―探偵小説 怪 vol.19 (19) 稲生モノノケ大全 (陽之巻) 映画「姑獲鳥の夏」OFFICIAL BOOK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/18

BOOK>ライブドア広報 乙部綾子

なにかと話題をさらうライブドアと堀江貴文。その実情を知っている人の声というものが聞こえるかと思って読んでみたのですが。。。今ひとつ。というかこの本は何の本なのかも不明(^^;。

§

ポジティブ仕事術40のヒントという副題がついていますが、40のヒントというのはどこに書かれているのでしょうか? 誰か教えてください(^^;。

ライブドア広報 乙部綾子 私のポジティブ仕事術40のヒント
4575298166乙部 綾子

双葉社 2005-07-02
売り上げランキング : 11,907

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
僕が伝えたかったこと ホリエモンの想定外のうまい店 僕は死なない 難関資格は「スキマ時間」でとりなさい―いつでもどこでも時間は生み出せる 自分の会社をつくるということ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

BOOK>あらいざらい本の話

私は本が好きなのですが、本自体も好きですし本にまつわるお話も好き。

やっぱり本には物語が似合います。

そんな本のプロである古書店の主が描く本に関する物語。ちょっと面白いですよ。


あらいざらい本の話
4309017193出久根 達郎

河出書房新社 2005-07-15
売り上げランキング : 1,110,235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/16

BOOK>サッポロビール ドラフトワン革命

ビールに発泡酒。ビール業界は厳しい競争で苦労をしているみたいですが、その顛末が一部伺い知ることができる。

私も安くて手軽に飲めるお酒として愛飲しています。

サッポロビール ドラフトワン革命 老舗企業に活力が甦った!
4408106291竹間 忠夫

実業之日本社 2005-05-21
売り上げランキング : 60,555

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
新キリン宣言―キリンビール復活のシナリオ ビール15年戦争―すべてはドライから始まった サントリーの嗅覚 たった1行で!売る お客様が思わず買ってしまう商品「キャッチフレーズ」の極意 戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BOOK ;女子大生会計士の事件簿 (DX.2)(BlogPet)

角川書店の、実用しなかったー。
角川書店とここでビジネスとか実用しなかった?
きょうニャンゴロは角川書店とここまで実用したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

BOOK>ユート 2

ユート 2 (2)
4088738551ほった ゆみ 河野 慶

集英社 2005-09-02
売り上げランキング : 5,083

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ユート 1 (1) アイシールド21 15 (15) 家庭教師ヒットマンREBORN! 6 (6) DEATH NOTE 8 (8) 魔人探偵脳噛ネウロ 2 (2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

CD>From To

stars 懐かしい曲を新しく

歌い手を平原綾香に変えて、あの名曲といわれるものを現代版にリメイクされたのがこのアルバム。原曲もとても素晴らしいが、アレンジも一新されて新たな息吹が。

とても素晴らしい歌い手に、とても素晴らしい曲たち。
とてもいいです。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/12

photo
From To
平原綾香 荒井由実 松任谷正隆
ドリーミュージック 2005-11-02
The Voice 晩夏(ひとりの季節)/いのちの名前 ODYSSEY DREAMOVIES ayaka hirahara music video collection Vol.1 Eternally

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/13

CD>三日月の夜

stars 言葉の世界

甘く切ない恋の歌。ちょっと懐かしい響きもあるこのフレーズがまさにぴったりとくる。

特別にドラマティックな恋ではないし、特別に物語があるわけではない。どちらかというとありふれた風景や空気の中から拾い上げられる世界観が、どことなく心をくすぐる。

言葉遊びの楽しさを思い返させてくれる。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/12

photo
三日月の夜
伊藤サチコ
ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2005-10-19
さようなら、木 僕の場所 満ちてゆく / こころの声 手と手と温度 日々是青色

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/12

BOOK>ユート 1

ユート 1 (1)
4088738357ほった ゆみ 河野 慶

集英社 2005-07-04
売り上げランキング : 68,258

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ユート 2 (2) 家庭教師(かてきょー)ヒットマンREBORN! (5) GO AHEAD 1 (1) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 2 (2) 魔人探偵脳噛ネウロ 1 (1)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/11

BOOK>アイシールド21 15

アイシールド21 15 (15)
4088738500稲垣 理一郎 村田 雄介

集英社 2005-09-02
売り上げランキング : 66

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アイシールド21 (14) アイシールド21 (13) アイシールド21 12 (12) アイシールド21 (11) アイシールド21 (10)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/10

BOOK>いちご100% 17

いちご100% 17 (17)
4088738438河下 水希

集英社 2005-08-04
売り上げランキング : 728

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いちご100% 15 (15) いちご100% 14 (14) いちご100% (13) いちご100% (12) いちご100% (11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/09

映画>SAW2

衝撃だ。衝撃が続いている。

ちょうど1年前に公開されたSAW。その異常性と突然性にものすごい恐怖を覚えた。それが頭の片隅にこびりつくような感覚、もうそれは忘れられないという言葉では足りないくらいの衝撃だった。

オープニング。やはり物語りは突然に始まる。裸で首には鉄仮面。目を覚ますとそんな状況におかれているのだ。それがこの映画の全てなのだが、そこには確固たるルールはある。理不尽な状況にありながら、ルールがある。だから面白い。

この先について、何かを語ると全てが台無しになる。全てがルールの中で語れて、そこに不正は全くない。公正明大な世界の中で行われるゲーム。

この衝撃はまた続くのかな。忘れたい。でも続いて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK ;Winnyの技術(BlogPet)

ニャンゴロはアスキーが箇所へ解説したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

映画>ブラザーズ・グリム

すごくすごくディティールにこだわっているのは解かるんだけれども、映画全体としてみたときに今ひとつ解かりづらく、その世界に入り込めなかった。

個人的に。。。マット・デイモンが出ている映画は基本的に好きなのですが、本作では今までのキャラクターとはちょっと違う役柄。シャイな青年からアクション映画。そして今回は寓話物語の製作者というか、なんというか。なんていう役柄なんでしょうかね。

グリム童話は子供のころからいろいろと馴染む機会があり、映画中でも「あぁ」という場面が何度もあった。しかしそれと本作では基本的に別物。グリム兄弟のことはあまり知らないのですが、正直この映画を見てグリム兄弟が好きになれるとは思えませんでした。

全体的に何を目的に何を言いたいのか、いまひとつつかみきれずに、私としては楽しめなかった映画になってしまいました。すこし時間を置いてDVDで出たら、もう一度見直してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

映画>ALWAYS 三丁目の夕日

暖かな希望。過去には未来があって、人は元気だった。

昔は良かったというのは、今は悪いみたいな形だと捉えがちですが私は決してそんなことはないと思ってます。昔と今は違うけれども確実に進歩してよりよくなっていくそれを目指すのが大切。古いものも大切にするべきことはたくさんあるけれども、それにこだわって前に進むのを止めてはいけないと思うのです。

昭和33年。戦後から今まさに違う時代へ踏み出そうとしている日本。その生活の中で希望を抱く人々を描いている映画だ。

東京タワーは建設中。三種の神器としてテレビ・冷蔵庫・洗濯機の電化製品が過程にどんどんと入り込んでいる最終。まさに夢をかなえようと日々慢心している姿がとても印象的だ。

何よりも素晴らしいのはそのセットだろう。今の時代で言えばレトロなものだろうが、当然その時代には現役で使われていたものたち。その息遣いが聞こえてくるような雰囲気たっぷりのものたち。個人的にはすごく愛着感がありました。

子供たちは外で元気よく遊んでいる姿というのもとてもよかった。学校から帰ってきてただいまの挨拶と行ってきますの挨拶が一緒というのが、なにかいいではありませんか。外に行けば空き地があってそこには友達がいる。みんなで遊ぶ。当たり前だと思っている風景をそこに見て、なぜか安心。

高々50年前。決して物は豊かではないけれども、人々は元気。なぜか羨ましく思った

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2005/11/06

映画>春の雪

本当に素晴らしい。一つ一つとても丁寧に作られていて、それらが心にすっと染み入る。

私は三島由紀夫の本は一切読んだことがないのですが、この映画を見てすごく興味がわきました。勝手なイメージでなんか堅苦しいというか小難しいことをいっているんじゃないかと思っていたのですが、これは単なる食わず嫌いだったのかもしれません。新しい世界を教えてもらえるかもしれない。そんな予感さえ感じさせてくれる映画。

主役は妻夫木聡と竹内結子。

妻夫木聡の映画はもう数知れず見ているし、その点ではとても安心して見られる。本作でも初めは腑抜けたふざけた奴だったのが最後には情熱的な好青年へと変貌していくのが、一人の人物でしっかりと描かれているのが好印象。

そして竹内結子。やっぱり素敵です。混じり気のないお嬢様がここまで似合う女性はそんじょそこらにはいません。

そして映画全体を包み込む雰囲気がとても快かった。ロマンという言葉がとても似合う映画だ。

真面目に一途に互いを思いつつ、しかしその思いが遂げられる事はない。ただ意固地になるわけではなく、思いを大切に育てていく。大事なものを失わずに大切にすること。素晴らしいではありませんか。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2005/11/05

BOOK>DEATH NOTE 8

DEATH NOTE 8 (8)
4088738527大場 つぐみ 小畑 健

集英社 2005-09-02
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Death note (7) Death note (6) Death note (5) DEATH NOTE (4) アイシールド21 15 (15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

BOOK>女王様と私

女王様・・・12歳。現役小学生。
私・・・44歳現役引きこもり。
妹・・・11才。実は人形。

#本当にこういう構成のミステリー小説です(^^;

でもこれでもミステリーがしっかりしているので、面白い。一歩間違えばとんでもない本になりかねない危険性がまた面白いではありませんか。

女王様と私
4048736280歌野 晶午

角川書店 2005-08-31
売り上げランキング : 3,356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
死体を買う男 弥勒の掌(て) 容疑者Xの献身 神様ゲーム さよならバースディ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

BOOK>工場を歩く

ものづくり日本の底力というか本領というか。そういうものを改めて実感する。

生活が便利になるにつれ、物を作る現場への意識が薄れていく中、こつこつとよいものを作る。ちょっといいと思いませんか。

工場を歩く―ものづくり再発見
4343003299加藤 正文 綱本 武雄

神戸新聞総合出版センター 2005-07
売り上げランキング : 33,362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

BOOK>さみしさの周波数

さみしさの周波数
404425303X乙一

角川書店 2002-12
売り上げランキング : 4,429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
きみにしか聞こえない―CALLING YOU 失踪HOLIDAY 暗いところで待ち合わせ 死にぞこないの青 夏と花火と私の死体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

BOOK>邪馬台国はどこですか?

下手をすればトンデモ本で終わってしまう、歴史ミステリー風小説。歴史の裏側を論理的に説明を加えているので、ひとつの物語を読み終わったとき歴史のなぞが解けてしまった気がするから不思議です。

でも歴史って20年たつとすぐに変わっているんですよね。自分の常識と今の小学生の常識が違うように、いつか本書の中の説が正しかったというときがくるかもしれません。

邪馬台国はどこですか?
4488422012鯨 統一郎

東京創元社 1998-05
売り上げランキング : 8,122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
新・世界の七不思議 タイムスリップ明治維新 タイムスリップ森鴎外 とんち探偵・一休さん金閣寺に密室(ひそかむろ) 九つの殺人メルヘン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »