« 雑記>新型iPod | トップページ | 映画「鳶がクルリと」 »

2005/10/13

映画「ベルベット・レイン」

新しい。新鮮な息吹を感じさせる映画だ。

斬新というのは始めてみるものであり、今までにはないもの。そういう意味ではこの映画は新しい部類に入る映画。ベテランにはベテランの味わいがあるのでしょうが、一皮向けばマンネリ化の印象はぬぐえない。

商業映画デビューとは思えない出来栄えに驚く。俳優人が豪華でベテランぞろいというのも影響があるのでしょうが、非常に質の良い映画に仕上がっている事が良くわかる。

飽きの来ない展開に、見せ所をしっかりと抑えた構成。

正直いいます。ジャッキー・チェンがどこに出ているのか、後半位までわかりませんでした。あまりにも出てこないので、おかしいなぁ、あれと思い直してみてみると。。。最初から出ているではありませんか(^^;。

個人的にアクションスターのジャッキー・チェンのイメージが頭の中にあったので、本当にわかりませんでした。

アンディ・ラウももちろん全編にわたり登場。すごくすごくカッコいい。男だという印象をまたよりいっそう強くする。

新鋭監督ということもあるのでしょうが、全編にわたってこだわって映画を作っているなという印象がとてもありました。とにかく手抜きをしないというか力を入れている。凝っている。でももっと流すところはすっと流せるようになっていても良かったかなという気持ちもありますが。

物語の構図にこの映画の妙があります。なにがなんやら途中わかりづらいなぁという印象があったのですが、全てを語り終わった時に納得できる。そして素晴らしい余波が襲ってくる。そんな映画。

|

« 雑記>新型iPod | トップページ | 映画「鳶がクルリと」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/6347722

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ベルベット・レイン」:

» ★「ベルベット・レイン」観ました [kuzira☆くじらの読書と映画鑑賞と普通の日々]
あなたは綺麗な男の人は好きですか? 私はモチロン大好きです アンディ・ラウ エディソン・チャン ショーン・ユー そして ちょと違うが良い意味で味の有る男 ジャッキー・チュン この映画はそれだけで満足!・・・・???? ストーリー展開もそれなりに面白く考えられていたし(私はきがつかなった。途中まで・・) 緊張感もほどほどあったし 彼らの奥底に流れている哀しくどうしようも出来ない時の流れ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/13 23:45

» 【映画】 ベルベット・レイン ★★ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 香港黒社会の大ボスのホンの暗殺計画が噂され、 配下の三人のボスはお互いの腹をさぐり合っていた。 ホンの弟分のレフティが跡を継げば、多くの血が流されることは明らかだった。 その夜、ホンの妻が長男を出産する。病室を見舞うホンとレフティ。 レフティはホンに引退して家族と国外に出ることをすすめる。 一方、レストランで働くイックは相棒のターボに誘われ、 くじ引きで暗殺者を決める会場のディスコへと向かう。 殺す相手の写真を見せ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/27 00:27

» 「ベルベット・レイン」トニー・レオンがいない [soramove]
「ベルベット・レイン」★★★ アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、ショーン・ユー、エディソン・チャン主演   名作「インファナル・アフェア」の 記憶も新しいのに この配役でやっていいのか? トニー・レオンの不在がなんだか 妙な感じさえする。 とはいえ...... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 08:19

» ベルベットレイン [Revue de livre]
インファナル・アフェアシリーズが好きだったので、アンディ・ラウ、ショーン・ユー、エディソン・チャンが出ている映画があるということで、DVDで鑑賞。好きなら映画館に行けよと [続きを読む]

受信: 2006/02/20 12:23

« 雑記>新型iPod | トップページ | 映画「鳶がクルリと」 »