« BOOK>文蔵2005.10 | トップページ | LIVE>拝郷メイコ ワンマンライブ 日々是青色 »

2005/10/10

映画「この胸いっぱいの愛を」

生きていれば後悔する事はある。でも後悔をしたくないから一所懸命に生きるんだ。

ただの恋愛ドラマだったらここまで感動することはなかったと思う。人への思いって伝えるべきだと解かりつつも、今はいえない事がとても多いですよね。後悔すると解かっていながらできない。不条理な世界です。

本作ではその心残りを最後にきっちりと清算することができるのならばという、夢のようなお話。

20年前にタイプスリップした男女4人。彼らはその時にやるべきことがあり、この時代にタイムスリップしてきた。

自分を生んで死んだ母親への思い。

大事に育てていた花をめちゃくちゃにしたまま、謝れなかった思い。

自分の目として助けてくれた盲導犬に伝えられなかった思い。

初恋の人にしっかりと伝えられなかった思い。

それぞれがずっと心残りにしていたんだと思う。それが心のしこりとなってずっとあったんだと思う。

もし自分が満足のいく、満ち足りた人生を送れればそれが一番なのでしょうが、どこかでやり残した事はありませんか? そのやり残した事ができるとしたら。叶わぬと知りながら本音を言えば、そう願わずにはいられません。

|

« BOOK>文蔵2005.10 | トップページ | LIVE>拝郷メイコ ワンマンライブ 日々是青色 »

映画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ジャジャ丸といいます。
切ない気持ちでいっぱいになりました。
観終わった後、すぐノベライズを買って読みましたが違う結末で、おススメです。
トラバさせていただきます。

投稿: ジャジャ丸 | 2005/10/10 08:15

>ジャジャ丸さんへ
私はあの結末は好きな部類に入る結末なのですが、小説のほうはいかがなのでしょうか(^^)。

すごく気持ちの良い話なので、読んでみようかな。

投稿: ニャンゴロ | 2005/10/15 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/6316665

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「この胸いっぱいの愛を」:

» 大事な人を救いたい 『この胸いっぱいの愛を』 [多趣味ですがなにか問題でも?]
ロールキャベツを作ったんですが、どうしてもキャベツを突き破って、中身が出てしまい [続きを読む]

受信: 2005/10/10 08:16

» この胸いっぱいの愛を [うぞきあ の場]
“もし、人生でひとつだけやり直すことができるなら・・・” 最初に問います。 “あのエンディングは、アリかナシか(爆)” パンフでのプロヂューサーと監督の対談では、 和美がみかんを拾うシーンで訴えたい、“生きる”というメッセージは、 伝わる人にしか伝わらなく、 登場人物が全員、ちゃんと真正面を向いてきた人達だということを 再確認しようねって気持ちを、感覚的に伝えようと思って、 あのエンディ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 17:05

» この胸いっぱいの愛を [ネタバレ映画館]
 昨年の『世界の中心で、愛をさけぶ』も1986年の日本を描いていたけど、この映画では4人もの人間がタイムスリップする。もしかするとタイムパラドクス上で重要な意味のある年だったのではないだろうか。  日本では昭和61年、丙寅。前年には阪神タイガースが日本一になった。奇しくも20年後の2005年にセ・リーグ優勝(現時点)を決めているので、この20年という期間には特別な意味があるのかもしれない。ちなみに『バック... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 20:57

» この胸いっぱいの愛を(評価:○) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】塩田明彦 【出演】伊藤英明/ミムラ/勝地涼/宮籐官九郎/富岡涼/吉行和子/愛川欽也/倍賞千恵子/中村勘三郎/臼井あさ美 【公開日】 [続きを読む]

受信: 2005/10/15 01:51

» この胸いっぱいの愛を [闘う女達への応援歌!日記]
今回は試写会で観た映画を紹介したいと思います。 「この胸いっぱいの愛を」 2005年日本作(10月8日よりロードショー)  監督 塩田明彦 出演 伊藤英明、ミムラ  「故郷である門司に向かった主人公・鈴木比呂志は、かつて自分が住んでいた20年前の北九州・門司にタ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/15 13:20

» この胸いっぱいの愛を [any's cinediary]
もし、人生でひとつだけやり直すことができるなら・・・ <ストーリー> 2006 [続きを読む]

受信: 2005/10/17 01:17

» 「この胸いぱいの愛を」このタイトルがね、、、。 [soramove]
「この胸いぱいの愛を」★★★ 伊藤英明、ミムラ 主演 「もし過去に戻れたら、 いつの時点に戻りたいか」 何度も聞いたり、どこかで 見たフレーズ。うまい宣伝だ。 ふっと自分に置き換えたりするからだ。 誰だって「もし戻れるなら」と 考えたことがあるハ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/17 07:44

» この胸いっぱぃの愛を [Benvenuto]
   観てきました〜とりあえず…最後のあのパーティーシーンはいらなかったんぢゃなぃかな、とところどころ、このシーンはいるのかてのもありましたが…でも総評すると、よかった、と思う今回は号泣するコトはなかったケド、案の定、涙は常に頬をつたってました(┳◇┳)....... [続きを読む]

受信: 2005/10/18 03:10

» 映画「この胸いっぱいの愛を」を観てきました。 [ブツヨク人 〜 ブツヨクのススメ 〜]
映画「この胸いっぱいの愛を」を観てきました。 「黄泉がえり」を手がけた原作:梶尾真治×監督:塩田明彦が贈るもう一つのやさしい奇跡。 監督:塩田明彦 原作:梶尾真治 キャスト:伊藤英明 / ミムラ / 勝地涼 / 宮籐官九郎 / 富岡涼 / 吉行和子 / 愛川欽也 / 倍賞千...... [続きを読む]

受信: 2005/10/18 11:39

» この胸いっぱいの愛を [欧風]
7日に試写会を観ていい映画だったな~と余韻に浸りながら深夜バスで東海地方へ。9日に鈴鹿にF1を観に行き、その次の日にここで観た映画が、「この胸いっぱいの愛を」です。 これも予告編を結構観たな~。「黄泉がえり」のスタッフが贈る「未来からの黄泉がえり」、なんて言ってましたが、実は「黄泉がえり」は観てないのでよく分かりません(^_^;)。いい映画なのかな~。いま、会いにゆく人が出てるのは知ってるんですが、この映画は、それとこれのような感じかな~と。私のここでの映画の感想を御覧になった方は分かるかもしれま... [続きを読む]

受信: 2005/10/22 01:34

» 納得出来ないストーリー◆『この胸いっぱいの愛を』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
10月24日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 2006年、飛行機に乗り、出張で北九州の門司を訪れた鈴谷比呂志(伊藤英明)は、町を歩きながら懐かしさを感じていた。彼は20年前に少しだけこの町に住んでいたことがあったのだ。そして比呂志が幼い日を祖母と過ごした旅館の前で立....... [続きを読む]

受信: 2005/10/26 11:13

» 『この胸いっぱいの愛を』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 2005年10月16日 『この胸いっぱいの愛を』観賞レビュー 2005年10月8日(土) 全国ロードショー 2005年/日本 配給:東宝/2時間4分 Quick Time予告編 ★ポチッとナ!>>>> ★オフィシャルサイト★ ★ポチッとナ!>>>> ※ネタバレ注意! 見てから観るか? 見ないで観るか? もし人生で、ひとつだけやり直すことができるなら。 超大ヒットが記憶に新しい『黄泉がえり』(... [続きを読む]

受信: 2005/10/26 22:02

» この胸いっぱいの愛を(映画館) [ひるめし。]
もし、人生でひとつだけやり直すことができるなら・・・ CAST:伊藤英明/ミムラ 他 ■日本産 130分 ああ、、、どうしてもミムラがあいのりのタカノに見えてしまう。あの前髪パッツンの黒髪やめようよ・・・。あと宇多田ヒカルもおんなじ髪型ね。 みなさん、こんにちは。やちこです。今年はタイムスリップものが多いですね〜。みんな過去を変えたい症候群なんでしょうか・・・。 さぁさぁ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 14:56

» 映画「この胸いっぱいの愛を」 [私でもいいですか?]
映画「この胸いっぱいの愛を」を観てきました。ヒットした「黄泉がえり」のスタッフが再結集して作ったと言うこと、またコピーが「未来からの黄泉がえり」と言うことで,内容は容易に想像できるんですけど,私は良い方に裏切られました。正直,あまり期待はしていなかったんですけ... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 16:51

» この胸いっぱいの愛を [秋葉で働く部長のblog]
「この胸いっぱいの愛を」を観ました。 公式サイトはコチラへ ⇒ クリック! 誰にでもあるどうしようもない後悔。 このキーワードで物語は進みます。 少しだけ涙を流させるぞって気合が 見え隠れしましたが それでもなお、伝えたいメッセージの強さは 感... [続きを読む]

受信: 2005/11/04 02:15

» 『この胸いっぱいの愛を』 [Simply Wonderful 〜Diary & Hobby etc...〜]
この胸一杯に愛が満たされましたよ! 幸せな気持ちでいっぱいです。o(^-^)o “愛”それは、“素直な気持ち”でしょうか? 伝えたくても伝えられない、愛しくて、切なくて、そして、激しい愛のカタチ。 しっかりと届きましたよ! まさに、この胸いっぱいに愛をです。(*^_^*)ごちそうさま。 最初にも書いちゃいましたが、“愛”=“LOVE”だけではないな…と思いま�... [続きを読む]

受信: 2005/11/07 21:55

» この胸いっぱいの愛を  [ケントのたそがれ劇場]
『本と映画のランデヴー第五弾』 であります。映画、マンガ、小説の順で見ましたので、その順番に従ってレビューしてゆきましょう。 映画は映画館で観たのでもう半年近く前になります。 ★★★☆  ある場所から、4人の男女が同時に20年前の世界にタイムスリップする。... [続きを読む]

受信: 2006/03/19 16:28

« BOOK>文蔵2005.10 | トップページ | LIVE>拝郷メイコ ワンマンライブ 日々是青色 »