« BOOK>「本を読む子」は必ず伸びる! | トップページ | 映画>トゥルーへの手紙 »

2005/10/17

映画>アバウト・ラブ

愛について、形を変えながら、視点を変えながら語る。でもやっぱり同じことをいっている気がする。人がもつ大切な気持ちだ。

本作は東京編、台北編、上海編の3つの短編ストーリーが収められている。

東京編では伊藤美咲とチェン・ボーリンが主演を勤める。舞台は渋谷。始まりは二人のすれ違い。待ちでふっと目に付く気になる存在。普通ならそのまま行き違うだけだが、夜の渋谷で二人は再びその存在に気づく。しかし彼女は泣いていた。

物語の始まりがとてもよかった。始まりはこういう偶然から訪れる。ロマンチックじゃないですか。いいじゃないですか。あんなに人の多いところでぶつかり合うなんて、とても難しいことですよ。

ここで強烈に惹かれあっては物語の醍醐味がない。お互いの存在に気づきつつもなかなか近づかない二人。見ているほうからすれば楽しみでありヤキモキする時間。それがまたいいのよぉ。

#あほかと突っ込み入りそうですが(^^;。

結末は見てのお楽しみ!


台北編では加瀬亮とメイビス・ファンが主演を勤める。

物語は夜中に日曜大工(日曜大工の使い方間違えてます?(^^;)を行う女性から始まります。重い板をずりずりと運び、そして電気のこぎりで切る。そして釘でつなぎ合わせてできたものは変な本棚。。。もとい個性あふれる本棚。

正直に言うと私的にはこの辺でちょっとこの短編は好きになれなそうな気がしてきました。ちょっと狙いすぎというか、作者だけがわかる映画のような気がしてならなかったのです。私は語るならしっかりと解かるように伝えて欲しい人間なんで、「わからん奴はかまわん」というスタンスの奴はだめです。受け手が自由にというのならまだしも。

まぁ話はこのあと振られた彼氏の元へ話をしにいくのですが、その辺の話は結構面白かったです。

そして最後は上海編。

主演は塚本高史にリー・シャオルー。個人的子の物語が一番好きです。

言葉の違いからぎこちない会話を繋げならがも、気持ちが通じていく姿がとてもよかった。短編ということもあり、物語の語られていない部分を想像するのがとても楽しいし、そちらのほうが正直気になるところでもある。

言葉の違いを巧に演出に取り入れて、成功している。この3編の映画の中で一番面白いところだったと思っています。

1年後。廃墟。響くボールの音。あれが物語の最後なのか。それとも始まりなのか。

どちらなのでしょうか。

|

« BOOK>「本を読む子」は必ず伸びる! | トップページ | 映画>トゥルーへの手紙 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/6436260

この記事へのトラックバック一覧です: 映画>アバウト・ラブ:

« BOOK>「本を読む子」は必ず伸びる! | トップページ | 映画>トゥルーへの手紙 »