« 映画「チャーリーとチョコレート工場」 | トップページ | 雑記>Googleのブログ検索 »

2005/09/13

映画「銀河ヒッチハイクガイド」

驚異の想像力!? 奇想天外!? すごい微妙な印象だったのは私だけでしょうか!

初っ端の自宅がバイパス工事のために取り壊しにあうところはなんかコメディ的でちょっとわらえますが、そのまま地球もあっさりと銀河バイパス工事でものすごくあっさりと(何の感傷もなしに(^^;)なくなっちゃうのには思わず笑ってしまいました。

その後銀河の謎というか宇宙の真相がどんどん明かされていきますが、この辺はもう好き放題やりたい放題。とにかくなんでもアリという印象だったのが、この映画の全体の印象付けているかも。

そしてこの映画のお気に入り。うつ病のロボット「マーヴィン」。人間ロボットというのは素晴らしいものと想像してしまいがちですが、より人間らしくなったらきっとロボットもうつ病になるんでしょうね。

このうつ病ロボットがとにかく面白すぎる。というかこいつのおかげでしまらない。でもね、すごく面白い許せる。というかこの映画はこのロボットだけでも見る価値はあるかもしれない。

そして地球誕生の謎がこの映画では明かされるのですが、それは衝撃であり笑劇!

でも何でもありというか、そういうこともあるのかもしれないなってエンディングロールを眺めながらちょっと思ったりもしました。

§

銀河ヒッチハイク・ガイド
4309462553ダグラス・アダムス 安原 和見

河出書房新社 2005-09-03
売り上げランキング : 180

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
南軍騎兵大尉ジョン・カーター SFベスト201―SF handbook 火星ノンストップ The Ultimate Hitchhiker's Guide ヴィーナス・プラスX

|

« 映画「チャーリーとチョコレート工場」 | トップページ | 雑記>Googleのブログ検索 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/5896077

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「銀河ヒッチハイクガイド」:

» 【映画】 銀河ヒッチハイクガイド ★☆ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 太陽系を通る銀河バイパスの建設のため爆破された地球だが、 運命のイタズラで最後の地求人となったアーサー・テント。 彼は、銀河系最大のベストセラーである 「銀河ヒッチハイク・ガイド」を頼りに、広大な宇宙へ旅に出る。 ところがそこで待ち受けるのは、常識では考えられない事件の数々。 果たして、アーサーの旅の行く末は…。 (シネマスクランブルより引用) 出演: サム・ロックウェル、モス・デフ�... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 22:04

» 銀河ヒッチハイク・ガイド(THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
ハツカネズミは、地上で最も知的な生物である。 イルカは。地球上で二番目に知的な生物である。 地球において、人類は三番目に高等な生物である。 観た方はみんなそうだと思うけど、「イルカの歌」が耳から離れな〜いΣΣ(☆∀☆ ) ... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 23:01

» 「銀河ヒッチハイク・ガイド」 [憂鬱Gretel ]
今日はランドリー行って勉強しかしてないので、結構前にテスコで£14で購入して、結構前に見ちゃった映画の話。これ・・最高だよ。 B級の香りぷんぷんと思ってたけど、そんなカテゴリーにおさまりゃしないよ・・。これがつぼでごめんなさいw。一応謝罪でスタート。...... [続きを読む]

受信: 2005/10/27 10:56

« 映画「チャーリーとチョコレート工場」 | トップページ | 雑記>Googleのブログ検索 »