« BOOK ;江戸川乱歩全集 第23巻(BlogPet) | トップページ | 映画「サマータイムマシンブルース」 »

2005/09/04

映画「NANA」

とてもとてもいい物語だと思った。原作漫画が人気絶頂というのは知っていたのですが、その内容は知りませんでした。でもこの映画を見て楽しかった。原作も絶対に面白いに決まっている。そう感じさせてくれる映画でした。

原作が漫画だからでしょうか。キャラクターの一人一人がとてもよいものになっていましたね。特徴的というほど個性あふれるというよりも一人一人がひとり立ちしているというか、人間味触れる感じがとてもよかった。

見所はきっちりと作っていて、ありがちだなと思いつつ感情移入してしまう。王道を押さえているというか、ちゃんと作られているという印象。意外性を期待しないわけではないけれど、安心して見られるっていうのはひとつの大きなポイントだと思いませんか?

中島美嘉はミュージシャンとしては大好きですが、正直役者としてはどうかと不安もあったのですが、悪くない。本質が音楽家だからでしょうか。雰囲気があってしっかりとNANAを演じきっていた。

そして宮崎あおいもまたよかった。やりすぎず演じすぎずという絶妙な按配でみていて面白かった。あきさせない。ひきつける魅力を感じた。

そしてやっぱりファッションにはとても注目をしたい。NANAもそうだし、ミュージシャンとしての服装が結構みんなさまになっていてかっこよかった。いいですね。

ライブのシーンはとてもよかったですね。私もライブハウスにはよく行くのですが、とってもいい感じなのがこちらにも伝わってきました。

とりあえず原作を読んでみないことには、もう納まりそうもありません。

§

矢沢 あい

中島美嘉

NANA

|

« BOOK ;江戸川乱歩全集 第23巻(BlogPet) | トップページ | 映画「サマータイムマシンブルース」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

息子(21)がドラムでパンクのバンドをやってます。小さなライブハウスに、自分もよく行きます。この映画で「ナナ」の服装は、どちらかといえば「パンク」なのだそう。でも、曲想はぜんぜんパンクじゃない。「観てきたら?」っていうと、「ああいうの観るとバンドやりたくなくなるから」っていいました。首には、とげとげのついたベルト(?)巻いて演奏にでかける彼(息子)です。

投稿: あかん隊 | 2005/09/06 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/5784684

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「NANA」:

» 【映画】 NANA -ナナ‐ ★★ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 小松奈々は、彼氏と一緒にいたいがために東京へやってきた。 大崎ナナは、歌で成功したい夢を抱えて東京へやってきた。 新幹線の隣同士に座った2人の「ナナ」は、 偶然、引越し先の部屋で鉢合わせし、一緒に暮らすことになる。 趣味も性格も正反対の2人の共同生活が始まった。 ナナは新しいバンドメンバーを加え、昔の仲間とバンド活動を再開する。 同じ頃、人気バンド「トラネス」のライブチケットを手に入れた奈々は、 そのライブに�... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 22:09

« BOOK ;江戸川乱歩全集 第23巻(BlogPet) | トップページ | 映画「サマータイムマシンブルース」 »