« 映画「ライディング・ジャイアンツ」 | トップページ | 映画「逆境ナイン」 »

2005/07/09

映画「マラソン」

私は独身で子供も居ないし、母親の気持ちというのは正直判らないところなのですが、それでも感動した。純粋にこのようなテーマを扱って映画として提供したことに拍手を送りたい。


自閉症という障害について今回の映画で初めて知ったところが多いです。映画中では子供自身にも障害があり、また母親のせいだという攻められているシーンなどもある。確かに過保護な親や子離れできない親というのも居る。でも子供にも障害があるのもまた事実。手放しにすることはできないそのもどかしさや難しさが伝わってきました。

そしてやっぱりフルマラソンに向かって走り出していくシーン。堪らなかった。すごい名シーンだと思います。

|

« 映画「ライディング・ジャイアンツ」 | トップページ | 映画「逆境ナイン」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/4897536

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マラソン」:

» 【映画】 マラソン ★★★☆ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 20歳の青年・チョウォンは自閉症の障害を抱えており、5歳児程度の知能しかない。 コミュニケーション能力に欠けている彼に社会生活は難しく、 母親のキョンスクが常に世話をしていた。 そんな中、キョンスクは息子が走っている間だけは、楽しそうにしていることに気づく。 ハーフマラソンではなんと3位に入賞。フルマラソンに挑戦させたいと考えたキョンスクは、 かつて名ランナーとして知られたチョンウ... [続きを読む]

受信: 2005/07/21 22:26

« 映画「ライディング・ジャイアンツ」 | トップページ | 映画「逆境ナイン」 »