« BOOK>楽しそうに生きてる人の習慣術 | トップページ | 映画「ハービー 機械じかけのキューピット」 »

2005/07/31

映画「亡国のイージス」

気持ちが入った。任務を全うするために行動を起こす。その根性に魅せられた。

福井晴敏の今年映画化3本目となる本作。「ローレライ」で盛り上がり、「戦国自衛隊1549」ですっかりと裏切られた気持ちにさせられた。3作目は期待と不安でいっぱいでしたが、これはまぁ中辺りくらいのヒットでした。もう少し後半に見せ場となるところがあればよかったのですが。

冒頭いきなり事故の現場と佐藤浩一(防衛庁情報局 DAIS内事本部長)。そして雨降る夜に寺尾聡(イージス艦 副長)の元を訪れる中井喜一(ヨンファ)。この冒頭では何が起こっているのかさっぱりわからないのですが、一応映画中でこのときのなぞは一通り解き明かされる。でもこの映画の特徴として、あまり人物背景を描いていないので、全般にわたって人間関係が希薄に感じられてしまいました。でもその人間関係がポイントになっているところもあるので、正直映画として弱点として感じられてしまいました。

紅一点のジョンヒ役で登場したチョ・ミンソもあまり活躍の場がなかったような。やっぱり男くさい中で登場するのですから、目立つことは目立つ。だからこそ見せ場を使って映画を引き締めて欲しかった。

他の俳優人でよかったのはやはり真田広之。もう圧倒的。カッコいいし、迫力あるし、スクリーンに出てくると思わず魅入ってしまう。魅力あふれる人間というのはこういう人の事いうのだと思います。

戦闘シーンは戦艦の戦いはイージス対うらかぜ。迫力はあったのですが、今ひとつミサイル発射から着弾までの時間と艦内のあせり方(あせり度(^^;)が掴めず、あまりどきどきしませんでした。

他は一通り艦内での人間対人間で大盛り上がりすることもなく、またなかだるみすることもなく物語が着実に進む展開。気持ちが離れることもなく、また入ることもなくというのが私の印象でした。

すごく面白いというわけではなかった。全体的に80点という印象。今ひとつツメが甘い。外れることはないのでしょうが、大当たりもないところでしょうか。

パンフレットが1000円と高くて不思議に思っていたのですが、このパンフレットの後ろ半分が台本になっていました。映画を見終わった後にぱらぱらとめくってみるとシーンが甦る様で結構面白いですね。こういうのはアリだと思います。

|

« BOOK>楽しそうに生きてる人の習慣術 | トップページ | 映画「ハービー 機械じかけのキューピット」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
原作読んでからのほうがより楽しめると思いました。今後とも宜しくお願いします。

投稿: どら | 2005/08/01 13:30

>どらさん
珍しく原作を呼んでます>ぢぶん
これ確実に小説のほうが面白いですね。小説のほうがずっと深みがあります(^^)。どうもこの映画は時間制約の中で描ききれていない部分が多そうですね(^^;。

投稿: ニャンゴロ | 2005/08/01 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/5244210

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「亡国のイージス」:

» 亡国のイージス [うぞきあ の場]
昨日、初日に観て参りました。 福井作品の3作目ですが、 正直、“戦国自衛隊1549”がオワっていたわけだが、 まぁ、監督も違うことだし、“戦国〜”が最悪なのだから、これ以上は 悪くならんだろう等という気持ちで観た。 見所。 ・ なんといっても、本物を使用したところ。   海自・空自の前面協力は画期的!   映画用にF-2が飛んでくれるなんて・・・・・(ムフ)。 ・ 相良町のオ�... [続きを読む]

受信: 2005/07/31 21:17

» 亡国のイージス@新宿ジョイシネマ1 [そこに麺があるかぎり 〜(主にラーメン二郎)〜 byどら]
戦後60周年、だがね。 戦国自衛隊1549、終戦のローレライなどの福井氏原作モノをはじめとして、今年は戦争モノが花盛りだぎゃ。ロードショー初日(つまり土曜日)に観て来たがね。初日にしては客の入りがあんまり。客席は半分くらいしか埋まっていない。しかもほとんどがシ....... [続きを読む]

受信: 2005/08/01 01:34

» 亡国のイージス [Akira's VOICE]
迫力の映像とドラマが面白く満喫したものの,説明不足な部分が多く不満も残る。 [続きを読む]

受信: 2005/08/01 10:44

» 隔離された空間での戦争映画◆亡国のイージス [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
7月18日(月・祝)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて こういう系統の映画は得意ではないので、自分でお金を払っては絶対に観に行かないだろうなと思いつつ、何気なく試写会に応募してみたら当選したので観に来た。 しかも、今日は勝地涼くんの舞台挨拶つきだ。 彼の演技... [続きを読む]

受信: 2005/08/01 11:36

» 亡国のイージス [欧風]
今年は自衛隊全面協力の映画が2作。まず初めに公開した陸上自衛隊協力の「戦国自衛隊1549」は、迫力があって私はとっても好みだったのですが、結構賛否両論ありましたね~。そして海上・航空自衛隊協力の「亡国のイージス」は7月30日から公開で、私も前売り券を買ったりしてヒジョーに楽しみにしてました。この2作の原作は福井晴敏で、今年公開の映画としては3作目なのですが、まあ、この作品は無かった事にしましょう(^_^;)。 そうして待っていたのですが、全国のワーナーマイカルで大規模な試写会があるという情報を... [続きを読む]

受信: 2005/08/01 18:49

» 観ろ。絶対に観ろ。「亡国のイージス」いよいよ本日公開! [欧風]
試写会で観てから、すごいいい映画だ、是非皆さんに観て頂きたいな~、公開が待ち遠しいな~、と思っていた「亡国のイージス」ですが、本日いよいよ全国公開ですっ! 私も試写会で観たにもかかわらず、前売りも持ってるんで、朝一で映画館に駆けつけたいところですが、今日は山梨・甲府でベガルタ仙台の試合があって、それを観に行くので、映画は明日にしようかなと(ついでだからイージス艦のオープンセットでも見に行こうかなと思ったけど、メチャメチャ遠回りになるのでやめとく(^_^;))。試写会の感想はこちらに書いてます。... [続きを読む]

受信: 2005/08/01 18:51

» 亡国のイージス(2005,日本) [The Final Frontier]
 迷いに迷って観てきました。  亡国のイージス  基本的にDeannaは邦画には興味ない人なんですよ。ちょっと思ったんだけどなんだか最近 自衛隊協力系の映画、多くない?何のためのイメージアップかしら?以前『戦国自衛隊1549』を観た時は「こりゃ〜ヤバかろう」と、あまり..... [続きを読む]

受信: 2005/08/14 18:39

» 亡国のイージス [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
「ローレライ」「戦国自衛隊1549」と続く、 福井晴敏原作3部作の最終作。 「戦国自衛隊~」で若干、自分の中で盛り下がったんですが とりあえず話題作だし、出演者豪華だし観とかなきゃ!と 何かにつき動かされて(?)劇場へー! 「亡国のイージス」2005年公...... [続きを読む]

受信: 2005/09/24 15:56

» 亡国のイージス [マスターオブライフ]
見ましたよー。 <あらすぢ>  ギリシヤ神話に出てくる無敵の盾「イージス」の 名前を持つ護衛艦「いそかぜ」。その名のとおり 最新鋭の防空システムを搭載した護衛艦。 その護衛艦に沖縄米軍基地から盗まれた  1リットルで東京都民1千万人を 死に至らしめることが可能..... [続きを読む]

受信: 2005/10/07 13:47

» 亡国のイージス [Rohi-ta_site.com]
DVDで、出演:真田広之/寺尾 聰/佐藤浩市/中井貴一/勝地 涼/岸部一徳/平泉 成/原田美枝子/原田芳雄/原作:福井晴敏/脚本:長谷川康夫/飯田健三郎/監督:阪本順治/作品『亡国のイージス』を観ました。 ●ストーリー イージス艦“いそかぜ”の先任伍長・仙石(真田広之)は、部下が非番の上陸中にケンカをしたとの知らせを受け、慌てて身柄を引き取りに現場に急行する。 現場に着くと5〜6人の男が倒れており、最近乗艦してきた1等海士・如月(勝地 涼)が一人でやったという事だった。 並外..... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 14:36

« BOOK>楽しそうに生きてる人の習慣術 | トップページ | 映画「ハービー 機械じかけのキューピット」 »