« BOOK>リンボウ先生の閑雅なる休日 | トップページ | BOOK>影武者徳川家康〈上〉 »

2005/07/17

映画「星になった少年」

ただの動物映画といってしまってはもったいない。素晴らしい人間ドラマがあった。人に自分の心を開くことができない少年。象には心を通わせて、次第に家族や恋人に心を開いていく少年の姿に好感。そしてその少年と家族の関係にも魅せられた。

象使いという聞きなれない言葉がまず印象的。映画中でも象使いの修行の場面が描かれています。もちろん動物を心を通わせるにはコツもあるでしょうし、なかなか大変だろうということはわかりました。でもこの映画を見てはじめて知ったことはそれ以上に象の頭のよさというか、器用さに感心。


象同士はいつも共振しているということに興味を覚えました。人間って言葉という文明を持っていますが、その言葉の難しさによりコミュニケーションがうまくいかないことも多い。でも動物は言葉は持っていないけれども、ちゃんと心を通わせている。不思議なものです。

日本の動物プロダクションのシーンでは様々な動物が出てきます。こういうところが日本でもまだ用意できるというのには驚きです。っていうか、私最近土の上を歩いていないことにふと気づいて、なんかすごくうらやましく感じました。

柳楽優弥はやっぱりすごいですね。決して語りがうまいわけではないのですが、象さんショーのあのマイクパフォーマンスには魅せられました。何か人をひきつける魅力があるのは確か。

音楽が坂本龍一ということで注目していたのですが、決して音楽が目立つわけではなく音楽と映象がマッチして盛り上げていく。なぜかそれがとても嬉しく思えた。

ラストの屋根の上で明かされる象使いになりたかった理由。母親にしっかりとその思いが伝わった事がとても喜ばしいことに思えて、涙。

|

« BOOK>リンボウ先生の閑雅なる休日 | トップページ | BOOK>影武者徳川家康〈上〉 »

映画」カテゴリの記事

コメント

TBありがとう。
ゾウ使いという職業は、昔、テレビのドキュメントで見たことがありますが、この映画で実像を学んだ人も多かったでしょうね。

投稿: kimion20002000 | 2006/02/23 02:28

kimion20002000さんへ>
ゾウがあんなに人のことが解かるとは思っていなかったので、正直驚きでした。

ゾウとともに生きる人もまた居るんでしょうね(^^)。

投稿: ニャンゴロ | 2006/02/23 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/5008124

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「星になった少年」:

» 残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のドキュメンタリー番組を観たことがあった。 これは「観た」というう... [続きを読む]

受信: 2005/07/22 09:41

» 星になった少年 [a story]
主演柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、倍賞美津子、蒼井優 監督河毛俊作 脚本大森寿美男 製作2005年、日本 エレファントボーイ 実在した象使いの少年の短い人生を描いた作品。 動物プロダクションの長男小川哲夢(柳楽優弥)は、母佐緒里(常盤貴子)が象を購入したこ... [続きを読む]

受信: 2005/07/26 20:57

» 星になった少年 Shining Boy and Little Randy [利用価値のない日々の雑学]
すごい作品だった。予告編を何度も観ているから、「泣き」のポイントが何処だか分かっていて、しかもその場所の直前でも「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」と分かっていたにも係わらず、涙だけでなく鼻水まで止まらなくなった。すごい、常盤貴子って一体何者なんだろう。以前から彼女の演技力は日本女優でダントツなのは分かっていた。分かっていて、しかも、繰り返すようだが、この作品は何処で泣かされるかも分かっていたのに、そして精神的に張り巡らした防御シールドは殆ど完璧だったのに。そう、言い換えれば邦画でこんなに泣いた... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 10:31

» NO.128「星になった少年」(日本/河毛俊作監督) [サーカスな日々]
「ゾウの楽園」という夢は、特異な母と子によって、 地上に成立しようとしている。 2004年5月、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞で「誰も知らない」(是枝裕和監督)主演の14歳の柳楽優弥の名前が告げられたとき、少し、胸が熱くなった。ほんとうに、初々しく新鮮であったし、審査委員長のタランティーノの悪戯っぽい表情を思い浮かべてみたりもした。 思春期の少年少女たちは、たった1年で、信じられないほどの変�... [続きを読む]

受信: 2006/02/21 20:42

« BOOK>リンボウ先生の閑雅なる休日 | トップページ | BOOK>影武者徳川家康〈上〉 »