« 雑記>6/17 7thfloorのライブにいってくる | トップページ | 映画「バットマン ビギンズ」 »

2005/06/19

映画「ザ・リング2」

リングシリーズは大ファンだったりします。ホラー映画で唯一のファンのシリーズかもしれません。というか原作の鈴木光司の大ファンでもあります。

そのリングシリーズがアメリカで受け入れられて大ヒットをしたのはもちろん嬉しいし、その続編が作成されるのももちろん嬉しい。さらに監督が中田秀夫ともういうこととなし。

#違う話ですが「仄暗い水の底から」はDVDで見たときにはあまりの恐怖に途中で棄権しました(^^;

しかしオリジナルストーリーとはいえリング番外編ともいえるような内容に思えました。ストーリー云々というよりもリングシリーズにある魂みたいなものが感じられませんでした。

とにかく一つ言ってしまいたいのですが、初っ端から飛ばしすぎ。リングシリーズってやっぱり底知れぬ恐怖や不安を嫌というほど煽られて最後にずどん! と爆発させて・・・泣かされるんですよ。

今回初っ端にずんずんときて最後驚きがなかったので、なんか見終わってそれだけという印象でした。

中田秀夫監督は今後もハリウッドで映画を撮るようなので、今後もすごい映画をハリウッドで撮ってもらって日本のすごさをアピールしていってほしいです。すごく応援したい。

|

« 雑記>6/17 7thfloorのライブにいってくる | トップページ | 映画「バットマン ビギンズ」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
全編にわたって、「子供の虐待うんぬん」のイメージがまとわりついている気がしました。

投稿: らしか | 2005/06/21 23:52

>らしかさん
確かに子供虐待っていうところどまりでしたね。もっとほかの人に対しても不可思議な現象を見せつつ、観客にも恐怖感をあじわせて欲しかったですね(^^)。

投稿: ニャンゴロ | 2005/06/22 08:20

トラバありがとうです。
やっぱりアメリカで作ると、アメリカ人向けのホラー映画になってしまうんでしょうか?
どうも、洋画のホラーって「怖い」とゆうより「驚く」の色が強い気も。
「ザ・リング3」に期待です。

投稿: ジャジャ丸 | 2005/06/23 01:27

>ジャジャ丸さん
パンフレットの解説に結構その辺の事が詳しく書かれていたりするのですが、でもこの映画を見終わって思うのは本当にこの解説は映画を見て書いたものなのか疑問ということです(^^;。

理屈では判っているのでしょうが、作り手がどうしても既成概念から外れるのがだめなんでしょうか。

JUONの清水監督も製作中にどうしても血を出さなければだめだといわれて云々かんぬんといってましたね。

#リング3って本当に製作決定ですか?

投稿: ニャンゴロ | 2005/06/23 08:54

TBありがとうございます。
やっぱり日本独特の 『こわさ』 はどうしても出せませんね~(..)
『ザ・リング』が怖くなかったので、2もどうかと思いましたが “やっぱり” 怖くは無かったので残念でした(-_-)

投稿: fullmoon | 2005/06/24 12:00

TBありがとうございます。(=^^=)
こちらからもTBさせてもらいました。
「ザ・リング2」、残念ながら 恐くなかったですよねー。
“笑い”も、日米では微妙に違いますから、“恐怖”もやっぱり違うんでしょうね。。。
でも リングシリーズはお気に入りなので 次回に期待したいです。

投稿: クポ | 2005/06/24 20:08

TBありがとうございます。日本の作品が評価されてハリウッドでリメイクされるというのは嬉しいですよね。ただジャパニーズホラー独特の暗さを出すのってあちらではなかなか難しいのかもしれません。「仄暗い水の底から」もリメイクされますね。これ見損なっているので今度観てみようと思います。

投稿: ai | 2005/06/24 21:23

TBありがとうございました。
アタシも原作のファンなのでそれを
期待しての1&2だったので、ちょっと
ガックリでしたね。
怖いちゃー怖いんだけど求めてた怖さと
呪いが違ってました~(笑)。
でも、3があるならまた観に行きます。

こちらからもTBさせて頂きました。

投稿: りか | 2005/06/24 22:15

たこだす

投稿: う | 2005/06/25 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/4617622

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ザ・リング2」:

» ザ・リング2(評価:○) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】中田秀夫【出演】ナオミ・ワッツ/サイモン・ベイカー/デイヴィット・ドーフマン/シシー・スペイセク/エリザベス・パーキンス【公開日】2005/6.18【製作】アメリカ【ストーリー】あの忌まわしき事件から半年後。レイチェル(ナオミ・ワッツ)と息子エイダン(デイヴィット... [続きを読む]

受信: 2005/06/19 18:55

» ザ・リング2 [うぞきあ の場]
1作目と違って、今回はオリジナル。 注目点 ・ 本作はストーリーがオリジナル。よって、リング2、らせんとは関連性ナシ。 ・ 中田秀夫が監督をつとめる。 ・ 全作で、サマラを外に出してしまったレイチェル。その後の展開はいかに? ・ テーマは、“母が子を守る”だそうな。なんか変な予感・・・。 良かった ・ 子役の演技は良かったですね。   残念 ・ 途中から、ビデオの話がなくな�... [続きを読む]

受信: 2005/06/19 18:56

» 『ザ・リング2』を鑑賞 [-PARADOX-]
題名:ザ・リング2 時間:110分 監督:中田秀夫 出演:ナオミ・ワッツ、サイモン・ベイカー、デヴィッド・ドーフマン 等 あらすじ:事件から半年後。あの忌まわしい記憶を振り払おうと、海辺の小さな田舎町へと引っ越してきたレイチェルとエイダンの母子。...... [続きを読む]

受信: 2005/06/20 10:24

» 【映画】 ザ・リング2 ★★ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 見た者を呪い殺す死のビデオテープ。 それをコピーして他人に見せることで死を免れたレイチェルとエイダンのケラー親子は、 おぞましい記憶を封印するため、小さな田舎町へと越してきた。 地元紙の記者の職を得たレイチェルだったが、 のどかな町に起こった怪死事件のニュースがつかの間の安息に終止符を打つ。 その遺体にはビデオに呪い殺された者特有の死相が現れていたのだ。 ウィルスが... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 23:25

» リメイク好きのハリウッド [多趣味ですがなにか問題でも?]
「いま、会いにゆきます」のリメイクが決定されたみたいです。竹内結子さんの澪役はジ [続きを読む]

受信: 2005/06/23 01:20

» ザ・リング 2 [FULLMOON]
昨日見てきました(^^) 一言で感想を述べるなら・・・ 『怖くない』 まーザ・リングが怖くなかったので、多少予想はしていました。 それに多分“ホラー・サスペンス・ミステリー”系が好きなので少々の事では怖くなくなった私の神経にも問題があるかと・・・(^^;) でもちょっと怖いの苦手ーって言う人でも見れる映画だと思います。 昨日見た映画館の私の後ろのカップルの男の人は、『ビク�... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 11:57

» ザ・リング2 [シカゴ発 映画の精神医学]
 恐怖とは何か?  それは、未知なるものへの恐怖である。  正体がはっきりとわからないから、怖ろしい。  正体がはっきり分ったら、恐怖は消失する。  ホラー映画のおもしろさのバランスというのは、可知と不可知のバランスである。論理的に説明できる部分と、説... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 14:24

» 「ザ・リング2」 [ひなたクッポ]
監督:中田秀夫出演:ナオミ・ワッツ/サイモン・ベイカー/   ディヴィッド・ド [続きを読む]

受信: 2005/06/24 20:00

» 「リング2」を観た。 [注文通りの併殺打]
終わったのか? 本当にサマラの呪いは終わったのか? 「リング3」はもう無いのか? _| ̄|○ てか… 結局、あのビデオがまだ出回ってて(と言うても死ぬのは一人) 処分したけどもサマラの呪いは続いてて… 息子に乗り移って… なんかフツー 鹿が車を襲うシーン。 呪り移られたエイダンが風呂の水を弾き飛ばすシーン。 地下室に放られてた沢山の鹿の角。 井戸に捨てられたサマラが水を怖がるという設定。 はぁはぁ、�... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 22:26

» 『ザ・リング2』 [ねこのひたい〜絵日記室]
唐突ですが、ここで質問です。<世界のナカタ、司令塔のヒデといえば誰でしょう?> [続きを読む]

受信: 2005/06/28 13:37

» ザ・リング2 [金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等]
 衝撃のラストで日本中を震え上がらせた日本版「リング」、それをほぼそのまんま、キャストと舞台を入れ替えただけのリメイクで全米を恐怖のどん底に叩き落し、日本中を失笑の渦に巻き込んだ「ザ・リング」、そして今度は「ハリウッド完全オリジナル脚本!」というキャッチコピーをひ... [続きを読む]

受信: 2005/06/28 22:35

» リング 2 [視る聴く味わう触れる嗅ぐ]
刃物やピストルを突きつけられる外国のストレートな恐さと日本の陰々とした見えない存在に精神的に追い詰められてゆく気味の悪さが、うまく統合されて迫力もさることながら身の毛がよだち背すじが凍り体が引き締まる思いがします。改めて日本の怪談の価値を知りました。 [続きを読む]

受信: 2005/07/02 08:18

» 映画を見たで(今年103本目)−ザ・リング2− [デコ親父は減量中]
監督:中田秀夫 出演: ナオミ・ワッツ、サイモン・ベイカー、デヴィッド・ドーフマン、シシー・スペイセク、エミリー・ヴァン・キャンプ、ライアン・メリマン 評価:74点(100点満点) ハリウッド版のリング2。 日本版とまったくそっくりだった前....... [続きを読む]

受信: 2005/08/28 09:00

» ザ・リング2 今年の216本目 [猫姫じゃ]
ザ・リング2 ハリウッド版「ザ・リング」のあまりの出来の悪さに、本家中田秀夫 が登板! ん〜、、、本家ファンとしては、外人が出てきても、ピンと来ません。 前作からの、完全続き物。わかりやすくって、ラスト、解決するところも納得できました。でもねぇ、、、C...... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 20:48

» 映画「ザ・リング2」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
DVDで観ました。怖くはないです。一応リングの続編なんですが、ビデオテープはほとんど関係なくなっていました。ビデオテープは冒頭に出てくるだけで、それをレイチェルがスグに焼いて終りました。観ていてもリングという感じはしなかったので、タイトルもリング2でなくて別...... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 23:47

» ザ・リング2(The Ring 2) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 中田秀夫 主演 ナオミ・ワッツ 2005年 アメリカ映画 110分 ホラー 採点★ また出たみたい。 前作が個人的には全く納得のいかない出来だったので、本家監督の中田秀夫によるリベンジを多少なりとも期待していたのに… 同じ日本人監督による和ホラーリメイクの『THE JUON..... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 21:38

» 「ザ・リング2」 [雑板屋]
恐怖だとか、震撼だとか・・・そんなもの最初から期待はなくて・・・。 劇場まで足を運ぶのに「ナオミを観に行こう!」という相方の単純なお誘い言葉があったから。 相方とは、おんなじシーンで、おんなじ笑いが・・・ ふ。。。へっへっへっへっへっ(笑 アレだな・・あ...... [続きを読む]

受信: 2006/02/19 00:43

« 雑記>6/17 7thfloorのライブにいってくる | トップページ | 映画「バットマン ビギンズ」 »