« 映画「空を飛ぶ夢」 | トップページ | BOOK>いちご100% 15 »

2005/04/17

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」

宮藤官九郎よ、ごめんよ、つぼにまったくはまらなかったよ。

細かいギャグがちりばめれているのはいいのですが、話が飛躍しすぎというかまったく何なのかわからない状態で全てが終わってしまった印象です。面白いとは思ったのですが、いかんせん小ネタを2時間は辛いです(^^;。

森の中のBARにはすこしいって見たいかなって思いましたが。いやあんな雰囲気のBARなら一生眠りこけてもいいかなって、少し思ったもので。

人気ブログへ投票!

|

« 映画「空を飛ぶ夢」 | トップページ | BOOK>いちご100% 15 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGRANK | 2005/04/17 21:02

トラバありがとうございました。
たしかに、小ネタ多かったですね…。
弥次さんが死んだあとはちょっと真面目になったので、面白くなったと思います。

投稿: かさね | 2005/04/17 21:13

トラバありがとうございました。
クドカンファンでないと面白くない作品ではありましたね;
力抜いてサックリ笑いたいときにでも観る感じで。
個人的にキャストだけでお腹一杯でした(笑)

投稿: 某B | 2005/04/17 21:32

>かさねさんへ
初っ端はいけるんじゃないかと思いましたが、中盤にかけてちょっと退屈でした。私は森のBARあたりから復活しましたが、全体的な印象的には今ひとつのものになってしまいました。

>某Bさんへ
あまり楽しもうと肩を入れて見るものでもなかったのでしょうね(^^;。結構期待していたのが災いだったのかもしれません。

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/18 07:15

>かさねさんへ
初っ端はいけるんじゃないかと思いましたが、中盤にかけてちょっと退屈でした。私は森のBARあたりから復活しましたが、全体的な印象的には今ひとつのものになってしまいました。

>某Bさんへ
あまり楽しもうと肩を入れて見るものでもなかったのでしょうね(^^;。結構期待していたのが災いだったのかもしれません。

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/18 07:21

トラックバックありがとうございました。

この映画は万人ウケはちょっと難しいかもしれませんね~少し解り辛い所もあったし。
でも、原作も似たようなものだからいいのかなと(笑)

投稿: さと | 2005/04/18 19:01

>さとさんへ
あと正直劇場での雰囲気もこのような映画には重要なことかもしれませんね。ちょっとうるさいくらいの客がいるほうが盛り上がるのかもしれませんね(^^)。

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/19 21:47

トラバありがとうございます!
いや、こと「ヤジキタ」に関しては同意見です^^;小ネタとキャストのオンパレード、っちゅうかw

投稿: アズ | 2005/04/20 07:35

トラックバックありがとうございました。
こちらにトラックバックされている記事も興味深く拝見させていただきました。
ただの誹謗中傷なければ、自分と反対の意見を読むことは面白いです。

投稿: さくや | 2005/04/23 08:58

トラックバックありがとうございました。
トラックバックさせて頂きました。
ヤジキタは賛否両論のようですが、どちらにせよインパクトがあったのですね。

投稿: miyuking | 2005/04/24 10:36

トラックバックありがとうございました。

この映画はやっぱりクドカン作品を観た事ない方にはやっぱりわかりにくいと思いますね(^^;
でもあれがクドカンワールドなんだ!!という事を、有名な弥次喜多作品で知ってもらえばいいと思いました(笑

投稿: 堀本愛呼 | 2005/04/24 23:01

トラバありがとうございます。
こちらからもさせて頂きました。

前半は冴え渡ってましたが、後半はちょっと雰囲気変わりすぎた気がします。結果、クドカン好きにしか薦められない映画になっているような気がします^^;

投稿: 途 | 2005/04/29 17:08

>途さんへ
クドカン好きならきっとたまらない映画なんでしょうね。
私も初っ端から中盤にかけてまではどうにか楽しめたのですが、そこから今ひとつでした(^^;。

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/29 20:02

TBありがとうございます

たしかにクドカン好きでもビミョー感のある
映画やったかもしれないっすね

話はほんまめちゃくちゃやったし

けど、そういうのこそがリヤルていうこと
なんかなとも思ったり

投稿: a.k.a.Hakase | 2005/04/30 00:13

どもども。トラックバックありがとうです。

ヤジキタは微妙な映画ですね。みんなわりと評価低いですね~。ま~わたしも70点くらいですけど。100点つけられるのは、クドカンファンくらいですかね?本当のファンなら何でもありという気がします。

キルビルが手放しにおもしろいと感じてしまった私のように。というわけで、タランティーノファンという自己紹介ネタもいれたとこで、また遊びにきますね。ぜひまた、いらしてください。

投稿: 青い春 | 2005/04/30 17:09

>a.k.a.Hakaseさんへ
やっぱり微妙なんですね(^^;。
ああいうのもありだとはおもいますが、乗れなかったのはやっぱりさびしいです(^^;。

>青い春さんへ
私もキル・ビル大好きだったりします。タランティーノの大ファンですから(^^)。

是非ともまた遊びに行かせていただきますね!

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/30 21:26

はじめまして、トラバありがとうございました。私のブログからもトラバさせて頂きました。
この映画は見事に意見が分かれる作品だったようで「おもしろくなかった」という意見も興味深いものだなと思いました。

投稿: チヤ | 2005/05/01 19:45

>チヤさんへ
コメント&TBありがとうございます。今後もよろしくお願いしますね(^^)

ヤジキタはやっぱり分かれているようですね。好きだからわかるけれどもね・・という意見もちらほら目にしました。
大爆笑の人はすごくこの映画で楽しめたんだろうと思います(^^)。

投稿: ニャンゴロ | 2005/05/01 23:00

TB有難うございましたーこちらからも返させて頂きますね。

と、ワタシはクドカンは知らずにしりあがりだからという理由で観に行った人間ですが(笑)
とりあえず怖かったけど、あのしりあがり世界を大衆向けに上手くアレンジしたという点を評価したいと思います(^^)

投稿: フエ | 2005/05/01 23:19

ニャンゴロさん、はじめまして。
TBありがとうございました!!
私は友人と二人で最後列の座席から、
馬鹿笑いをシアター中に響かせていました(笑)
確かに、ワケわかんなかったんですけど、
そこが逆にいいとこかなぁと思ったりもします^^
肩の力を抜いて観れる映画ですね。

投稿: ゆうき | 2005/05/02 12:22

TBありがとうございます。

クドカンワールドに置いてきぼりにされた感じの私ですが
小ねたでは、そこそこ笑わせてもらったので
とりあえずいいかな~っ思ってます。
今回は映画の無料券で見たのでいいんだけど
もしちゃんと料金払ってたら・・・
って気もしています。

投稿: もが | 2005/05/02 21:32

トラックバックありがとうございます!

たしかに、ストリーがイマイチよく分からないまま終わってしまいましたね。
リアルがなんなのかachaには分わからなkったし・・・。
大好きなクドカンだけに、あんまり笑えなかった自分がちょっと悲しかったです(^^;)

でも、ひげのおいらんとか、清水の次郎長とか
けっこう笑っちゃいましたけど。

投稿: acha | 2005/05/02 21:58

>フエさんへ
コメント&TBありがとうございます。
しりあがりファンですか~。そっちファンの方もそれなりに満足いっているのでしょうか。なら結構いい映画だったのかもしれませんね(^^)

>ゆうきさんへ
そう爆笑している人がいればもっと面白い印象があったのかもしれません。残念ながら私が鑑賞したときには誰一人として笑っていませんでした(^^;。

>もがさんへ
私もレイトショーで見たので1200円でしたがこれが1800だったらちょっと悔しかったかもしれません。でも楽しまなければという思いが余計に出て楽しめたのかもしれません。さて。

>achaさんへ
結構期待していたので乗り切れなかったので私もちょっとさびしかったりします。

投稿: ニャンゴロ | 2005/05/02 22:19

ニャンゴロさん初めまして。TBありがとうございました。
この映画かなり賛否両論ですが、私は途中ちょっと
ギャグがクドイなぁと思う部分もありつつ、楽しんで観れました。
もともと同性同士のラブシーンに全く抵抗がないのもあるかも
しれませんが(笑)

投稿: J | 2005/05/03 11:19

> Jさんへ
のっけの熱い抱擁シーンは乗っていいものか引いていいものなのかずいぶん迷いましたが、結局あそこで判断を間違えたのか乗り切れないままでした(^^;

投稿: ニャンゴロ | 2005/05/04 10:00

トラバありがとうございます。

賛否両論どちらもなく何も残らない。
それがこの映画のある意味魅力なのかな?なんて思っちゃったりしました。ただ、板尾さんはとにかくいいです(笑

投稿: kakkkkkyyyyy | 2005/05/04 22:55

TB有難うございました。

笑い好きの私としては、ギター侍が出ても良かったかと。おぎやはぎと板尾と山口だけじゃあ物足りなかったです。

投稿: &財 | 2005/05/04 22:59

TBありがとうございました。
コネタは面白いんですが、
見た後ぐったりなってしまいましたよ…
最近は勢いの映画が多いですね。

投稿: makimakiunp | 2005/05/04 23:32

トラバありがとうございました!

とっても型破りな映画作品なので、評価するのは難しいですが^^;
私はもう次から次へと出てくる多彩なゲストが観れるだけで、大満足の1本です♪

その上、私はいちいち小ネタに大爆笑しながらの観劇となりました^^
(↑私の笑いのレベルはかなり低いです/笑)

投稿: MIKI | 2005/05/04 23:33

>kakkkkkyyyyyさんへ
面白ければ楽しければというのはいいのですが、残念ながら面白くなかった時に結構悲惨なものになるかも(^^;。そんな映画に感じます<ヤジキタ。

>&財さんへ

お笑いファンには物足りませんか。お笑い映画にお笑い芸人わんさかもなにかそっけなさを感じますが、そのファンからすればたまらないのかもしれませんね。

>makimakiunpさんへ
私も少し見終わった時にはぐったりしてましたね。っていうかこの映画を見たときには1日に4本はしごした日だったので、そういう理由もありますが(^^;。

>MIKIさんへ
私も笑いのレベルは低いほうだと思いますが、乗り切れなかったのが残念で悔しくて・・・(^^;

投稿: ニャンゴロ | 2005/05/05 10:58

 TBありがとうございます。こちらからもTBさせて頂きます。色んな感想があって面白いですね。普段、あまり映画やドラマを観ない私にとっては非常に楽しめた作品だったんですが、皆さんの意見を拝見して「あぁ、そんな見方もあるんだ。」と思いました。私がとりあえずZAZEN BOYSの面々に反応してしまうのは彼らのファンだからですかね(笑)。ED曲好き。

投稿: MIDNIGHT YAJI×KITA | 2005/05/07 12:49

>MIDNIGHT YAJI×KITAさんへ
ヤジキタは面白かった人はとにかく面白かったという感想が多いような気がしています。悪い映画じゃないんでしょうね(^^)

投稿: ニャンゴロ | 2005/05/07 13:49

TBありがとうございます。
「真夜中の〜」、頭の中で全然整理出来ませんでした。
でも出来ればもう一回見たいと思います。
宮藤さんの映画次回作はぜひ「ストーリーも宮藤作」でいって欲しいです。
今回のドラマ「タイガー&ドラゴン」がまた面白いので。

投稿: miyo | 2005/05/08 18:22

>miyoさんへ
展開が読めないというかああいうのりが受け入れられる人には楽しめたんでしょうね。DVDでもう一度見るかどうか悩み中。そうとう時間に余裕があるときなら考えてみようかな。

投稿: ニャンゴロ | 2005/05/09 00:44

トラックバックありがとうございました。
それでもやっぱり私は七之助ファンです。
芸を突き詰めた人は狂っている!
でもだからこそ芸が素晴らしいですね。

投稿: miyuking | 2005/05/17 01:17

今頃になってすみませんm(__)m
なにせ放置していたもんでお礼(?)が遅くなりました。
blogの使い方も良くわかってないし…

ヤジキタに関しては単純に笑える映画としていいのではないでしょうか。。。ね?
映画館で「くだらね~w」を連発したのは初めてでしたもん♪
次郎長が出てきた時は笑いました。
ただ、ハマらない人にはきっつい映画でしょうね…

投稿: crayfish | 2005/05/17 01:28

>miyukingさんへ
芸を極めるっていうのはあこがれるところはありますが自分が極めたいとは思わないのが不思議ですね。私は普通の人でありたいです(^^;。

>crayfishさんへ
くだらねぇ~というところで笑えれば楽しかったのでしょうが、すっかりと引いてしまったものでして・・・(^^;。


投稿: ニャンゴロ | 2005/05/17 07:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/3739535

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「真夜中の弥次さん喜多さん」:

» 真夜中の弥次さん喜多さん (2005) 121分 [極私的映画論+α]
 商家の若旦那でしっかり者の弥次さんとヤク中の旅役者、喜多さんはディープに愛し合う恋人同士。しかし、極度の薬物依存でどん底まで落ちてしまった喜多さんは“現実(リヤル)が分からない”と弥次さんに不安を訴える。折しも長屋にはお伊勢さんからのダイレクトメールが。そこで弥次さんは喜多さんのヤク中を治すため、そしてリヤルを探すため、お伊勢参りへと旅立つことに。 映画館 ★★★  原作を読んでない私・・・「しりあが�... [続きを読む]

受信: 2005/04/17 21:10

» 真夜中の弥次さん喜多さん [まったりでいこう〜]
腹抱えて笑いました!(笑)もうすっごく馬鹿馬鹿しくて、楽しくて、笑えて最高におもしろい作品でしたよ!愛し合うディープな仲という弥次さんと喜多さんは本当にディープな仲で、本気でチューまでしちゃってました。うひえー!いやもう見てるこっちが恥ずかしいと思うくらいラブラブですごかったです(笑) 長瀬と七ノ助が役柄にとてもあっていてよかったんだけれど、その他の脇役もまたかなりよかったです�... [続きを読む]

受信: 2005/04/17 22:50

» 真夜中の弥次さん喜多さん [KINOKANAL]
監督・脚本:宮藤官九郎 出演:長瀬智也,中村七之助,小池栄子,阿部サダヲ,柄本佑,森下愛子,岩松了,板尾創路、竹内力,山口智充,清水ゆみ,ARATA,荒川良々,中村勘九郎,生瀬勝久 「オイラ、リヤル(現実)がとんと分からねえ」と、虚ろにつぶやくヤク中の恋人・喜多八(中... [続きを読む]

受信: 2005/04/17 23:49

» 『真夜中の弥次さん喜多さん』 [Such One Day]
『真夜中の弥次さん喜多さん』観てきますた。 うぅぅぅぅーーーーん。。。。。 例えて言うなら、全身高価なブランド物で固めているのに全然お洒落に見えない人とでもいうのでしょうか。。。 個性的な役者を集め、面白そうな事をとりあえず詰めこんでみたけど、 それを映画全体として観ると面白いか?・・・・という感じ。。。 笑える小ネタはちりばめられているし(寧ろクドい程)、もちろんそれなりに笑わせてもらったけど、どれも役者のインパクトで笑えるものが殆どで、演出上笑いをとろうとしたであろう箇所には正直笑... [続きを読む]

受信: 2005/04/20 09:53

» ヤジキタ! [畸形メルヘンオタク隊]
クドカン監督で話題騒然だってホモ! な映画真夜中の弥次さん喜多さんみてきた! なんつーか・・・ もっとなちゅらるソフトタッチのホモかとおもったら思いっきりホモだった・・・ 喜多さんベタぼれの弥次さんかわいい!!!!! いいよね! ほもっていいよ...... [続きを読む]

受信: 2005/04/20 17:55

» 真夜中の弥次さん喜多さん [ネタバレ映画館]
 荒川良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々  序盤から“Born To Be Wild”のパクリっぽい曲(「東海道で行こう」)で始まったためかなり期待したけど、途中までは寒い、眠い、尻が痛い、と3拍子揃っていました。江戸と「笑いの宿」が全く笑えなかったのが失敗だったのか、それとも冒頭のキスシーンで引いてしまったためだろうか、「魂の宿」に荒川良々が登�... [続きを読む]

受信: 2005/04/22 01:56

» 『真夜中の弥次さん喜多さん』 [うっかりはんぞう]
「笑いと絶望、恋と友情、リヤルと幻想」そんな言葉がパンフに載っている・・・。 よ [続きを読む]

受信: 2005/04/23 17:08

» 【真夜中の弥次さん喜多さん】の回 [Shin1sanの【マイフェイバリット】な日々♪]
【パンク】なのに【時代劇】 【時代劇】なのに【パンク】 どっちなんだ、一体! 【現代】と【過去】、【妄想】と【現実】のワープを繰り返し、 中盤以降は、ストーリーが【脱線のち暴走】し、 未就学児が見たらトラウマになりそうなシーンの連発。(【荒川良々】をフル活用。) 前半は、【ホモ二人の愉快な冒険時代劇】、 後半は、【生と死がテーマの作品】にシフトチェンジ。 カオスな後半部を眺めながら、 「そういえば、人って死ぬんだよな。忘れていた。」と思�... [続きを読む]

受信: 2005/04/23 21:52

» 真夜中の弥次さん喜多さん [Qi Michelan]
真夜中の弥次さん喜多さん を観て来ました。 可笑しくて笑ってはいたけれど、いやぁ、私には衝撃的。 こういうのってテレビではやれなそう。 ナンセンスとはこういう物を言うのでしょうか。 でも、脇役で通り過ぎていく人達が豪華キャストでみんな魅力的でした♪... [続きを読む]

受信: 2005/04/24 10:33

» 真夜中の弥次さん喜多さん [but Beautiful]
 クドカン作品を期待して行くのであれば確実にハズレ。しりあがり寿が好きで、その世界観を楽しむならアタリ。笑えるのは一瞬だけで、後はその後のシューリズムについて行けるかどうか。 [続きを読む]

受信: 2005/04/27 02:34

» 映画『真夜中の弥次さん喜多さん』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?好きなキャラは? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ ふぅーやっと水曜日だよ、レディースデイだよ、待ってたよ!ということで以前から「くっ�... [続きを読む]

受信: 2005/04/27 22:29

» 「真夜中の弥次さん喜多さん」 [常々・感想・日記]
「真夜中の弥次さん喜多さん」観て来ました。 今日はすっかりお仕事片付けて、気持ちよく映画館に行きました。 そんなわけで、以下感想。 白文字なので読んでくださる方は反転してください。 では。 ネタバレもへったくれもないような気がする。 白文字にする必要があるのだろうか。 いや、「ネタバレもへったくれもない」というのがすでにネタバレか…。 ディープです。 すんごい�... [続きを読む]

受信: 2005/04/29 13:37

» 真夜中の弥次さん喜多さん [Positive sinking]
衝動的に見てきた。 宮藤官九郎脚本・監督。喜多さんヤク中。弥次さん喜多さんはホモ。長瀬と七之助が出てる。 以上が事前情報の全て。 なもんで。 まさかここまで狂ってるとは思わなかった(誉めてる)。 前半30分までで元は取れた。ただただ反則的なキャスティングとくだらなさに打ちのめされる。やーばい。しりあがり寿天才だ。宮藤官九郎もよくやった。そして想像以上に七之助が上手かった。驚いた。や、むしろ惚れた。とりあえず、ネタバレしたくないがこれだけは言わせてくれ。大人計画の座長は神。 メ... [続きを読む]

受信: 2005/04/29 17:03

» 『真夜中の弥次さん喜多さん』 [京の昼寝〜♪]
■監督・脚本 宮藤官九郎 ■原作 しりあがり寿「真夜中の弥次さん喜多さん」、「弥次喜多 in deep」、「小説 真夜中の弥次さん喜多さん」 ■キャスト 長瀬智也、中村七之助、小池栄子、阿部サダヲ  「オイラ、リヤル(現実)がとんと分からねえ」と、虚ろにつぶやくヤク中の恋人・喜多八(中村七之助)を、なんとか立ち直らせたい弥次郎兵衛(長瀬智也)は、「リヤルは当地にあり!」と書かれたお伊勢参りのDMに一縷の望みを託す。�... [続きを読む]

受信: 2005/05/01 14:57

» 映画「真夜中の弥次さん喜多さん」 [ふつふつ]
昨日「真夜中の弥次さん喜多さん」を見てきました。この映画をひとことで言うなら 荒 川 良 々 このひとことに尽きます。 長瀬くんの豪快な演技とか七ノ助さんの色気とか阿部サダヲの画面からはみ出しそうな動きとか勘三郎さんのありえない役柄とか板尾のシュール... [続きを読む]

受信: 2005/05/01 19:34

» リヤル探しの旅=3 [忍法★鼻もぎり]
昨日は腐女子の嗜みとして、チームで真夜中の弥次さん喜多さんを観に行ってきました〜観に行ったのがレイトだったので、アップがちと遅れちまったゼ★ んー、でも一番の感想としては左の絵参照な感じだったんですがね(爆) みなさん結構普通におもろいおもろい言ってら... [続きを読む]

受信: 2005/05/01 22:56

» 真夜中の弥次さん喜多さん [日々是好日]
見終わった感想は… 濃いかった(*_*) でも面白かった(^O^) そしてやはりくどかん…何度か見直したくなる。小ネタ探しや出演者チェックしたい…でも毎回1800円は出せない…って今日も1000円だけど。 隣に座ったのが母子連れらしい50代くらいの女性だったので、大...... [続きを読む]

受信: 2005/05/02 09:25

» 電通テック・筆記試験【2次】と、映画見てきました。 [中大就活日記@ひブログ]
この映画ディープすぎ…。ついていけませんでした。 [続きを読む]

受信: 2005/05/03 10:00

» 真夜中の弥次さん喜多さん [針鼠のジレンマ〜トラカレと私〜]
今日は「真夜中の弥次さん喜多さん」を観てきた。 GWだから混んでるかなぁと思ったけど、朝イチの回だったせいか 結構空いててゆったり。 映画は邦画洋画ジャンルを問わず何でも観るのだけど、今回は ゲイもの続き(笑) クドカンの作品は好きなので、ストーリーを聞いてこれは観に 行かなければ〜と思っていたのだ。 妻のある身の弥次さんとヤク中の役者喜多さんは、愛し合う男同士。 喜多さんのヤク中を治す為二人はお伊勢参りの旅に出て・・・... [続きを読む]

受信: 2005/05/03 11:10

» 真夜中の弥治さん喜多さん [シアワセノテイギ-シナリオライターけんたまのいろいろなこと-]
観ちゃった(^-^) 今日も今日とてバイクでメインの道路を走りながら横の細い道路に入った途端、おばちゃんが道路の真ん中を走っており、あやうく轢きそうになったけど、まあ速度出していなかったんで大惨事にはいたらず・・・おばちゃん、ありえない声出してたけどね「ひゃあ」とか言って(笑) そんなこんなで映画館に着き、ポップコーンとコーラを買い観たんですわ「真夜中の弥治さん喜多さん」まあ、ご存知クドカン初監督の作品なんです... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 11:08

» 真夜中の弥次さん喜多さん [ほ幅の速度]

●今日もまたリバーサイドモールへ。今日は「真夜中の弥次さん喜多さん」を観る。
面白かった。そしてとにかく出演者(名前を知っている有名人)の数が異常に多い。

[続きを読む]

受信: 2005/05/06 04:52

» 真夜中の弥次さん喜多さん [男爵の男爵による男爵のためのblog]
しりあがり寿 原作・宮藤官九郎 初監督作品 『真夜中の弥次さん喜多さん』を観た! [続きを読む]

受信: 2005/05/07 11:39

» MIDNIGHT YAJI×KITA [Beautiful Plateau]
 映画、「真夜中の弥次さん喜多さん」を観た。面白いです。生と死や、夢と現実、様々な境が曖昧で、混沌と描かれた世界はただのコメディー映画なんて括りで語ってしまうのは余りに勿体無い。2〜3年前に原作が話題になっていったのにも納得。クドカンの作品の支持層は主に若者だと思うが、描かれたテーマは非常に奥深く、幅広い年齢層の方々に観て頂きたく思う。  それから、長瀬君は結構良い役者なんじゃないかと思った。もっと珍妙な映�... [続きを読む]

受信: 2005/05/07 12:51

» 真夜中の弥次さん喜多さん [ほ幅の速度]

●今日もまたリバーサイドモールへ。今日は「真夜中の弥次さん喜多さん」を観る。
面白かった。そしてとにかく出演者(名前を知っている有名人)の数が異常に多い。

[続きを読む]

受信: 2005/05/07 18:09

» 『真夜中の弥次さん喜多さん』 [Kyo-konogoro]
宮藤官九郎初監督作品。ストレス発散に笑おうと思いレイトショーへ。「訳分からないケ [続きを読む]

受信: 2005/05/08 18:23

» 『真夜中の弥次さん喜多さん』 [INOの映画日記]
2005.04.18『真夜中の弥次さん喜多さん』(邦画)124分原作  :しりあがり寿監督  :宮藤官九郎キャスト:長瀬智也/中村七之助/小池栄子/荒川良良(あらすじ)お江戸八百八町。「おいらにゃリヤル(現実)がとんとわからね〜」弥次さんはヤク中の恋人喜多さんを更...... [続きを読む]

受信: 2005/05/15 11:18

» 映画「真夜中の弥次さん喜多さん」 [どうでもいい趣味のこと。]
映画が始まって1時間経過したあたりまでは、『いやぁ~面白いなぁ』とココロの底か [続きを読む]

受信: 2005/05/16 13:51

» 映画「真夜中の弥次さん喜多さん」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
「真夜中の弥次さん喜多さん」開映20:40@池袋シネマサンシャイン 「真夜中の弥次さん喜多さん」 2005年 日本 配給:アスミックエース 監督・脚本:宮藤官九郎  原作:しりあがり寿  音楽:ZAZEN BOYS  歌:長瀬智也、中村七之助  出演:長瀬智也、中村七之助、小池栄子、阿部サダヲ、柄本佑、生瀬勝久、    寺島進、竹内力、森下愛子、岩松了、板尾創路、桑幡壱真、大森南朋... [続きを読む]

受信: 2005/05/16 14:44

» 真夜中の弥次さん喜多さん [Qi Michelan]
真夜中の弥次さん喜多さん を観て来ました。 可笑しくて笑ってはいたけれど、いやぁ、私には衝撃的。 こういうのってテレビではやれなそう。 ナンセンスとはこういう物を言うのでしょうか。 でも、脇役で通り過ぎていく人達が豪華キャストでみんな魅力的でした♪... [続きを読む]

受信: 2005/05/17 01:13

» 真夜中の弥次さん喜多さん [ちょいシネ]
ストーリー: ワイルドで熱い男、弥次郎兵衛とヤク中の役者、喜多八。二人はディープに愛し合う恋人同士。ある日弥次さんが悪夢を見て飛び起きると、喜多さんが虚ろな目で注射器片手に震えている。「弥次さん、…... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 10:43

« 映画「空を飛ぶ夢」 | トップページ | BOOK>いちご100% 15 »