« 映画「シャーク・テイル」 | トップページ | CD>夢の中のまっすぐな道 »

2005/03/06

映画「ローレライ」

期待を裏切らない、すごくすごく熱い物語!

結構人間くさいドラマが好きだったりするので、こういう『男達の戦い』みたいなものは全般的にOKだったりします。決して世の中の潜水艦マニアのための映画ではありません。ドラマを見たい人のための映画だと思いました。

また潜水艦の全容は最初の停泊中に見られるくらいで、あとは狭い船内での人の行き交いが主な場面になります。そして機械だらけの船内に人の行き交いもままならない狭い船内での熱い人間ドラマに思わず見入ってしまうのです。

また紅一点パウラもいい所で出てきてくれて、全般に華を添えてくれていました。男達の、戦争という大きなうねりの中で翻弄されつつも戦う姿勢を見せるパウルに思わず応援をしたくなってしまいました。

そしてどこからともなく繰り返し聞こえてくるソナーの音と潜水艦から出る「ミシッ..ミシッ..」といった音響に思わず映画館にいることを忘れてしまうくらいでした。

いやぁ、興奮しました。

   
タイトル終戦のローレライ (1)
販売:講談社 福井 晴敏
価格\490  (定価:\490)
媒体:文庫
通常24時間以内に発送
おすすめ度★★★★★

Amazon 詳細ページへ 



   
タイトル終戦のローレライ (2)
販売:講談社 福井 晴敏
価格\730  (定価:\730)
媒体:文庫
通常24時間以内に発送
おすすめ度★★★★★

Amazon 詳細ページへ 



   
タイトル終戦のローレライ (3)
販売:講談社 福井 晴敏
価格\730  (定価:\730)
媒体:文庫
通常24時間以内に発送
おすすめ度★★★★★

Amazon 詳細ページへ 



   
タイトル終戦のローレライ (4)
販売:講談社 福井 晴敏
価格\730  (定価:\730)
媒体:文庫
通常24時間以内に発送
おすすめ度★★★★★

Amazon 詳細ページへ 



   
タイトル終戦のローレライ フィギュア付きBOXセット 全4巻
販売:講談社 福井 晴敏
価格\3,990  (定価:\3,990)
媒体:文庫
近日発売 予約可
おすすめ度

Amazon 詳細ページへ 



   
タイトル終戦のローレライ 下
販売:講談社 福井 晴敏
価格\1,995  (定価:\1,995)
媒体:単行本
通常24時間以内に発送
おすすめ度★★★★★

Amazon 詳細ページへ 



   
タイトル終戦のローレライ 上
販売:講談社 福井 晴敏
価格\1,785  (定価:\1,785)
媒体:単行本
通常24時間以内に発送
おすすめ度★★★★★

Amazon 詳細ページへ 

   
タイトルローレライ オリジナル・サウンドトラック
販売:ユニバーサルクラシック
価格\2,500  (定価:\2,500)
媒体:CD
通常3~4日以内に発送
おすすめ度★★★☆☆

Amazon 詳細ページへ 


人気ブログをみてみる

|

« 映画「シャーク・テイル」 | トップページ | CD>夢の中のまっすぐな道 »

映画」カテゴリの記事

コメント

トラバ有り難うございます。
狭い潜水艦の中での熱い人間ドラマ。映像も綺麗ですごい迫力でした。

投稿: ちゃこ | 2005/03/07 10:04

 トラバ有難うございます!
 本当に、マニア向けというわけじゃなくて、
 ヒューマンっぽいところがいい映画でしたね!^^
 また、遊びに来ますので、宜しくお願いします^^

投稿: takke | 2005/03/09 00:08

>ちゃこさんへ
もっと泥臭い、男臭い映画かと思っていたのですが、なんか爽やかな印象が強かったですね(^^)。潔さが気持ちよかったのかなぁと今思っています。

>takkeさんへ
決して戦争マニアや潜水艦マニアだけの映画じゃないですよね(^^)。

久しぶりに人間土間ラマを見て面白いと思いました(^^)

投稿: ニャンゴロ | 2005/03/09 07:29

ローレライ
とても感動しました。問題は船がCGだということです。まあ、迫力があったのでいいんですが
感動しました。かなり役者の演技がとてもすごい。

投稿: 髭そんじぇ | 2005/03/09 11:36

>髭そんじぇさんへ
船がCGなのは致し方がないとしても、それを感じさせない迫力のある映像だったと思います(^^)

投稿: ニャンゴロ | 2005/03/10 07:31

TBありがとうございます。
突っ込みはじめるときりが無い映画ですが自分は好きですよ(爆。
此方からもTBさせて頂きます、またヨロシクw

投稿: lin | 2005/03/10 08:35

TBありがとうございました。
また見ても良い映画でした

投稿: ti-3vom | 2005/03/10 12:25

私もこういう任侠を描いた作品には滅法弱くて。
細かいツッコミどころはぜーんぶ無視して楽しみました。大泣きです!

投稿: chishi | 2005/03/12 03:40

TBありがとうございました。

「ローレライ」は試写を含め2回観ましたが、
やはり大きいスクリーンで観た方が迫力が
ありますね。

投稿: YOU | 2005/03/13 01:42

>linさんへ
私もこういうった映画は好きです(^^)。突っ込んで楽しむのもまた楽しいですし(^^)。

> chishiさんへ
ちゃんとしたドラマならどんなにクサイはなしでもイイですね(^^)。

>YOU さんへ
やっぱり映画は映画館の大スクリーンでみるのがベストですよね(^^)

投稿: ニャンゴロ | 2005/03/13 08:58

TBありがとうございます。
ほんとに熱いドラマでした。
深海での潜水艦・ソナーの音に私も引き込まれました^^

投稿: dai | 2005/03/13 11:20

>daiさんへ
臨場感ありましたよねぇ(^^)。ふっと気づくミシミシっていう音にドキドキしちゃいました。

投稿: ニャンゴロ | 2005/03/14 07:44

TBありがとうございます。
分かりやすい内容の映画なので、引き込まれる場面が多々ありました。
最近はこのような戦争を扱った日本の映画が盛んになっていますね。

投稿: animal1000sei | 2005/03/14 12:34

TBありがとうございました。

ローレライは、後から思い出してみて、更にいい話だったなと思えます。
細かく気にし始めると突っ込みどころは多いですけど、全体的なストーリーは秀逸でしたね。

投稿: くま | 2005/03/14 14:41

gantakurin@「シネまだん」です。
TBありがとうございました!
戦争を扱っているのに、重くならずに
楽しめる作品でした。僕は好きです。

投稿: gantakurin | 2005/03/14 17:19

TBありがとうございます。
賛否両論分かれているので、非常に楽しめた肯定派として思いの丈をblogで放出してます。
暫くお付き合い頂けると幸いです。

投稿: 健太郎 | 2005/03/14 20:39

>animal1000seiさんへ
今年は福井イヤーというのもあながち嘘ではなさそうですね(^^)。やっぱり楽しみが増えるのが嬉しいことです(^^)

>くまさんへ
やっぱり楽しませるために作っている所があると思うので、それが成功しているのが一番大きなポイントでしょうね。つっこみなんて入れようと思えばいくらだって入れられるんだから放っておくべきです(^^)

>gantakurinさんへ
戦争はやっぱりよくないことだとおもいますが、映画もそれにつられて重くなる必要はありませんからね(^^)。私もこの映画は好きです。

>健太郎さんへ
イイ映画ほどこき下ろす人(^^;もいますから、やっぱりそれだけの力を持っている映画だと思います(^^)。

投稿: ニャンゴロ | 2005/03/15 07:02

TB有難うございました。
単なる映画好きですが、時々話題作を求めてシアターに出かけます。
たいていは洋画の方が多いですが今回は邦画を選びました。
最後のエンジングが思い出せないけど何かに似ていません?
良否は別にして席を立つ時、
良かったなぁ~と思う映画に出会えたら幸せです。
ありがよう!

投稿: KIKO | 2005/03/16 11:17

TB有難うございました。
単なる映画好きですが、時々話題作を求めてシアターに出かけます。
たいていは洋画の方が多いですが今回は邦画を選びました。
最後のエンジングが思い出せないけど何かに似ていません?
良否は別にして席を立つ時、
良かったなぁ~と思う映画に出会えたら幸せです。
ありがとう!

投稿: KIKO | 2005/03/16 11:18

TBありがとうございました。

バウラちゃん、いいですよね~。(*゚ー゚)
惚れました。(笑)
音響もすごかったですね。かなり見入っていました。
とってもいい作品だと思います。

投稿: ま~ず | 2005/03/16 17:09

>KIKOさんへ
私も単なる映画好きです(^^)。イイ映画に出会えたときの喜びを求めてまた映画館に行きます。
エンディングですか。何に似ているんだろう。ちょっと思い当たりませんです(^^)

>ま~ずさんへ
お初の女優さんだったのですが、すごく魅力がありましたね(^^)。っていうかかわいかったっす。

投稿: ニャンゴロ | 2005/03/18 06:46

TBありがとうございます。
音響、確かにすごかったですよね。
でも実は「キィキィ」音が苦手な自分は、少ししんどかったです……それだけクオリティが高いということですが。うーん。

投稿: 黙蛙庵 | 2005/03/20 22:40

TBありがとうございます。

非常によく練られたストーリーだと思います。
音に関しても前後左右から潜水艦内の轟音が・・・
すごい迫力でした。

投稿: フラフラ | 2005/03/21 21:14

TBありがとうございます。
良くも悪くも突っ込みどころ満載でお腹いっぱいです。
樋口監督にはまだまだ沢山撮ってもらいたいです。
でも、やっぱし特技監督に専念したほうがいいのかな?

投稿: 健太郎 | 2005/03/22 20:45

トラックバックありがとうございました。音響面のすごさがあまりわからなかったなあと思っていたんですが、よく考えたら座った場所がスピーカーの真下の席でした・・・

投稿: tomo_tabi | 2005/03/23 22:50

>黙蛙庵さんへ
きぃきぃは駄目でしたか(^^;。

>フラフラさんへ
映画館の暗がりであんな風に音響がきたらやっぱり凄い臨場感を感じますよね(^^)
自宅で見たらどんな風に感じるんだろう。

>健太郎さんへ
おなか一杯なのはやっぱりイイ映画だからです、きっと(^^)

>tomo_tabiさんへ
席取りは重要ですよね。音響もしかりですし見る位置によってやっぱりスクリーンの見る範囲も変わってきちゃうと思っています。
個人的には真ん中よりも若干前の席が好き。目の前一杯に映像が広がっているのが好きです。

投稿: ニャンゴロ | 2005/03/24 07:07

 トラックバックありがとうございました。私は、あいう緊張感のあふれる映画が大好きです。ラブ・ストーリーもいいですが・・・。

投稿: トインビー | 2005/03/29 13:55

精神的抑圧の中友軍との憂愁は心引き裂かれ、かけがえの無い命を失ってゆく戦争映画は人間くさくもありますが、urra は煮えたぎる怒りの感情がこみ上げひしひしと切ない痛みが迫ってまいりました。つらくいたたまれません。
今後もサイト拝見させていただき知見を高め知識を深めさせていただきます。よろしくお願い致します。TBありがとうございました。

投稿: urra | 2005/03/29 22:09

>トインビーさんへ
盛り上がり所を押さえた展開でしたよね(^^)。つっこみ所なんて関係ありません。楽しむべきなのです(^^)。

>urraさんへ
たいしたことは書いていませんが、楽しみたいがために当サイトへ記事をアップしています(^^)。

#もっとましなことやれよ(^^;>自分

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/01 07:12

トラックバックありがとう!

賛否両論、大いによし。ちなみに僕は…派かな


ま、ここのコメントを読みながら昨日の映画の中身をもう一度思い出してみます。

投稿: sisgoo | 2005/04/03 21:55

ニャンゴロさん(素敵なHNですね)

TBありがとうございました。ごめんなさい、私はこの映画一般人としてみたときには、イマイチだと思っています。ただ、オタクの目で見たときは見所が満載だと思います。そして音響は良かったですね。特に私はトナー音が好きです。
フィギュア付きBOXも持っています。セブンイレブンのフィギュアもコンプリートしています。この二つのフィギュア、実は別物です。パウラだけは、ほぼ一緒ですが、他の二つは全くの別物でした。参考にしてくださる方がいれば光栄です。

投稿: 明るい空 | 2005/04/04 13:31

>sisgooさんへ
突っ込みどころ満載の映画だとは思いますが(^^;。でも楽しませてくれたことに私は大満足です(^^)。

>明るい空さんへ
オタクの目ですか。なるほど見る視点で結構変わってくるのかも入れませんね(^^)

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/05 07:28

TBありがとうございます

ローレライは男達の熱いストーリーってことに同感です。女性はあの映画を観てどうおもったのかしりたいですけどね・・・

投稿: 映画の花道 | 2005/04/05 20:33

>映画の花道さんへ
#かっこいいハンドルですね(^^)

女性はまあ好き好きでしょうが(^^;、あんまり興味ないかもしれませんね(^^;;

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/06 07:01

トラックバックありがとうございました
僕は好きですよ(´∀`)

投稿: (・∀・) | 2005/04/06 17:59

TBありがとうございました。
ブログのとおり私はあんまりヒットではなかったのですが、パウラの雰囲気的なものはいいなぁと思います。あの美しさ(こざっぱり感)が全然戦争という感じ(ドロドロ感)をまとっていなく状況に不似合いで、人間離れしてて、戦いの中での和みも与えてますし、生体兵器としての辛味のようなものも与えてくれますよね。

投稿: ピーポ | 2005/04/06 22:47

トラバありがとうございました。
いろんな評価があるのですね。
私はあまり良くなかったのですが、他の見方もあることを知って参考になりました。

投稿: りぐま | 2005/04/10 09:43

>(・∀・)さんへ
(なんて読むんだろう(^^;)

>ピーポさんへ
パウラは紅一点だからというわけではないでしょうが、やっぱり映画の中ではかなり引っ張っていましたね。

今後も注目です(^^)。

>りぐまさんへ
本当にいろいろな意見があって面白いですよね(^^)。

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/10 19:02

TB有難うございます。ローレライよかったです。今度は本も買ってみようと思います。

投稿: みゆ | 2005/04/11 11:04

トラックバックありがとうございました。
私もローレライ、好きです。
行きつけの美容院の店員さんが、小説を読んでると聞き、私も興味が出てきました。
でも難しくて、わからないんですって・・・。
よし、挑戦してみるぞ!!

投稿: みちる | 2005/04/11 23:10

TBありがとうございます。
まぁ突っ込み所満載ですが、それも含めて楽しむ映画ですね。
個々のシーンの出来はかなり良いモノかと。
ただ、どうしても前宣伝と作品のギャップにスッキリしないモノを感じてしまいます。
まぁフジテレビの映画なんてそんなもんだと割り切れば良い訳ですが・・・

投稿: たぬき | 2005/04/14 01:53

>みゆさんへ
私も原作を読んでみたいと考えているのですが、積読状態の本の山に阻まれています(^^;。

>みちるさんへ
小説のほうも結構面白いという話しを聞いていますので、私もぜひとも読んでみたいですね(^^)

>たぬきさんへ
前宣伝と作品のギャップですか。CMは観に来て貰うためにやっているので、多少の違いは出てきても仕方がないのではないでしょうか(^^;。

投稿: ニャンゴロ | 2005/04/14 06:58

以前、トラバありがとうございました。
楽しいブログなのでまたお邪魔しますね。

投稿: イワシ | 2005/07/22 08:06

>イワシさん
お褒めの言葉ありがとうございます(^^)。
できる限り記事のアップは続けていきますので、またよろしければ遊びにお越しくださいな(^^)。

よろしくお願いします。

投稿: ニャンゴロ | 2005/07/24 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/3195528

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ローレライ」:

» ローレライ [話題のキーワードを斬る]
トラックバックお待ちしてます [続きを読む]

受信: 2005/03/06 19:13

» 『ローレライ』試写会 [『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』]
東京国際フォーラム初上陸!! デカイ!キレイ!!何だコレ!!! 3Fからスクリーンを見下ろす感じで観たんだけど、意外と観やすかった。 あと音響がスゴイ... [続きを読む]

受信: 2005/03/06 19:40

» 「ローレライ」 [やっかいな日に限って空は激しく晴れている。]
監督 樋口真嗣 原作 福井晴敏「終戦のローレライ」 キャスト 役所広司・・・ 絹見真一  妻夫木聡・・・ 折笠征人       柳葉敏郎・・・木崎... [続きを読む]

受信: 2005/03/06 22:28

» ローレライ [唐松林の散歩道]
今日封切りの映画「ローレライ」を鑑賞してきました。 映画館で映画を観るのは、黒澤明の「影武者」以来。 実に二十ン年ぶりの快挙です。 小説を読んだこともあり... [続きを読む]

受信: 2005/03/06 23:41

» 『ローレライ』は黒船だ! [電気侍 夢酔志酔]
 邦画の新時代の夜明けぜよ! 邦画がハリウッドに勝つ方法……それは、世界的に評価の高い日本のアニメと、実写が手を組むことじゃ!    黒船を見て新時代に目覚... [続きを読む]

受信: 2005/03/07 00:02

» 『ローレライ』は黒船だ! [電気侍 夢酔志酔]
 邦画の新時代の夜明けぜよ! 邦画がハリウッドに勝つ方法……それは、世界的に評価の高い日本のアニメと、実写が手を組むことじゃ!    黒船を見て新時代に目覚... [続きを読む]

受信: 2005/03/07 00:03

» 「ローレライ」 [*chako eyes*]
観てきました! ちょっと前から夫が原作本を読んでたので、読破したら観ようと言ってたのだ。 全四巻なのでまだまだ先かと思っていたら、 もう読破したらしいw(... [続きを読む]

受信: 2005/03/07 10:01

» 『ローレライ』観て来ました。#54 [★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...]
今日は、2本連続観賞です。2本目は、『ローレライ』です! [制作データ] 2004東宝[上映時間] 128分 [続きを読む]

受信: 2005/03/07 10:53

» 潜水艦映画にもハズレあり 「ローレライ」 [平気の平左 Blogの巻]
ローレライ 評価:35点(期待をかけた分だけ余計にマイナス) 日本映画の潜水艦大作! 役所広司・妻夫木聡・柳葉敏郎・堤真一などの豪華キャスト! 制作費1... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 00:12

» ローレライ [In my opinion・・・]
観る前から予告編やCMでかなり期待した「ローレライ」です。 この作品期待以上でした。この際、細かい所は目を瞑って許してあげましょう!その細かいところはCGが安... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 00:24

» ローレライ [In my opinion・・・]
観る前から予告編やCMでかなり期待した「ローレライ」です。 この作品期待以上でした。この際、細かい所は目を瞑って許してあげましょう!その細かいところはCGが安... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 00:28

» ローレライ [In my opinion・・・]
観る前から予告編やCMでかなり期待した「ローレライ」です。 この作品期待以上でした。この際、細かい所は目を瞑って許してあげましょう!その細かいところはCGが安... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 00:31

» 「ローレライ」試写会にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
3月6日日曜日に北日本新聞サービスセンター 映画の集い 『ローレライ』試写会が開かれ、抽選に当たったので独りで淋しくいってきました。 北日本新聞とは富山県で発... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 07:05

» ローレライ 感想 [13MONKEYS]
おもしろかった! 手放しでいろんな人にススメまくるような 映画じゃないけど、おもしろい映画です! 戦場の男のドラマ。ピエール瀧、かっこいいぞ! 画作りは、や... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 11:13

» 六本木ヒルズでローレライ〜。 [マサ’ズ ウェブサイト]
今日(3/7)は、 久々に映画を鑑賞してきました。 前から気になっていた「ローレライ」です。 フジテレビと東宝がタッグを組んで 制作した映画でです。 ... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 15:41

» ローレライ [AV(Akira's VOICE)映画,ゲーム,本]
日本が世界に向けて誇れる戦争アクション感動ドラマ大作映画! 二回泣きました。 [続きを読む]

受信: 2005/03/08 17:36

» #15:ローレライ(試写) [(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!]
KAZZのこの映画の評価 いやぁ~驚きました 日本の映画で潜水艦映画が作られるとは。。。 出だしのタイトルは凝っていて格好イイですよ ラストの戦闘シ... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 18:00

» 映画と私(6) 『ローレライ』 [駄ブログ]
『ローレライ』について【※ネタバレあります※】 データ:2005年 日本 128min ・監督 樋口真嗣 ・キャスト 役所広司、柳葉敏郎、堤真一、妻夫木... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 18:44

» 映画ローレライで思い出す事が・・ [ホームコンじゅく長野東教室のブログです。]
今映画「ローレライ」が話題になっています。 ぜひ見たいと思っています。 敗戦の当時を舞台にした映画で、しかも当時は鈍亀といわれていた潜水艦の事なのです。 粗筋... [続きを読む]

受信: 2005/03/09 13:27

» ■読んでから観るか観てから読むか『ローレライ』 [はずれ刑事慎重派パート3]
昔の角川映画じゃありませんが、映画ローレライに読んでから行くか悩みした。。。。読むといっても小説ではなくローレライを観たブロガーさん達のBLOGなんですけどね。... [続きを読む]

受信: 2005/03/09 23:31

» ■読んでから観るか観てから読むか『ローレライ』 [はずれ刑事慎重派パート3]
昔の角川映画じゃありませんが、映画ローレライに読んでから行くか悩みした。。。。読むといっても小説ではなくローレライを観たブロガーさん達のBLOGなんですけどね。... [続きを読む]

受信: 2005/03/09 23:32

» 「ローレライ」 [NUMB]
「ローレライ」 ★★★☆ (2004年日本) 監督:樋口真嗣 キャスト:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢、小野武彦、佐藤隆太、ピ... [続きを読む]

受信: 2005/03/10 08:32

» ローレライ [〜高校3年生日記〜 ]
昨日の最終回でローレライ見てきました。 感想は「いやぁ〜良かった」くらいです。 ハウルよりは明らかに面白かったですが、いろいろ突っ込みどころがあります。 ... [続きを読む]

受信: 2005/03/10 12:23

» ローレライ 見てきました [敵艦隊見ゆ]
★★★★★★洋画と比較すると★★★★★★★ [続きを読む]

受信: 2005/03/10 20:29

» ローレライ [うぞきあ の場]
多分、この映画のブログを書く人は同じことを書くと思う。 でも、あえて書く。 作者の福井氏が唱えるように、“ガンダム”の影響を受けている。 そして、“宇宙戦艦ヤマ... [続きを読む]

受信: 2005/03/10 22:55

» 映画『ローレライ』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点と評価しますか?そしてもし良かったら、どの俳優さんが特に気になったのかも教えていただけるとありがたいのですが・・・是非ご協力く... [続きを読む]

受信: 2005/03/12 03:39

» ヒレかつサンド@まい泉 [ちょこっとひとりごと]
昨日、先日の試写に引き続き2回目の「ローレライ」を観に行ってきました。今回は有楽町マリオン(日劇2)だったんだけど、試写で見たスクリーンより大きかった(1.5倍... [続きを読む]

受信: 2005/03/13 01:43

» ローレライ(2005年・日本映画) [インターネット民主主義実験室]
アメリカを恐怖に陥れる魔女、ローレライ。それは日本の運命を変えるかもしれない旧日本海軍の秘密兵器だったという設定です。  終戦間際の日本、自分たちの身の安全や大... [続きを読む]

受信: 2005/03/13 07:15

» 試写会「ローレライ」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
試写会「ローレライ」開映18:30@イイノホール 「ローレライ」2005年 日本 配給=東宝 原作=福井晴敏、監督=樋口真嗣、製作=亀山千広 出演=役所広司、... [続きを読む]

受信: 2005/03/13 11:03

» 今日ローレライを観てきた [My Favorite Game]
場所はいつもの梅田HEP。開映1時間半前にチケット売り切れ。すんごい人気。(前回のハウルの失敗を踏まえチケットは無事購入しました)。 そして、 [続きを読む]

受信: 2005/03/13 11:21

» ローレライ/鋼鉄の魔女 [shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)]
ローレライ 1945年8月、広島へ原爆が投下された。ドイツ降伏後日本軍に接収された潜水艦<伊507>海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐(堤真一)は、その潜水艦はいま... [続きを読む]

受信: 2005/03/13 23:43

» ローレライ [gantakurin's シネまだん]
監:樋口真嗣  出:役所広司 妻夫木聡   8.5点  大いなる茶番劇を観せてもらった。面白くなかったのではなく、その逆、非常に面白く楽しめたのだ。日... [続きを読む]

受信: 2005/03/14 17:15

» ローレライ [ま〜ずの日常とソニーの日々]
今日は、映画を見に行ってきました。 「ローレライ」 話題の邦画です。 邦画にしては、迫力があって派手。 ハリウッド映画を日本で作りました... [続きを読む]

受信: 2005/03/16 17:11

» 国を守る者たち 〜ローレライ〜 [ドリカンおすすめ保管庫]
見てきました!ローレライ 公式HP http://www.507.jp 役者さんはみな味があって素晴らしいですね! 艦長の役所広司さん、大佐の堤... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 21:15

» やめましょうや大尉、子供相手に・・・ [退カヌ!媚ビヌ!省ミヌ!]
「ローレライ」(2005/日) 原作を読んでるどころか先日TVでメイキング特番を見るまで内容もほとんど知らなくて、友人に「あれは実話なの?」って訊かれて「女の... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 23:38

» ローレライ [ステキな旅]
ローレライ見に行きました。 う〜んとね、なかなか面白かったです。 なんか用語が難しくて半分くらいしか理解してないんですけど(笑) とりあえずあの女の子が全てを握... [続きを読む]

受信: 2005/03/20 00:14

» 映画鑑賞4 [cinemacafe]
行ってきましたローレライ{/kaeru_en2/} ローレライ 出演者は、役所広司・妻夫木聡・柳葉敏郎・堤真一・石黒賢etc・・・。 CGを駆使した終戦間近の潜... [続きを読む]

受信: 2005/03/20 14:55

» ローレライ あとがき [フラフラBLOG]
落ち着いたところで、映画「ローレライ」の個人的あとがき。 純粋な戦争映画というわけでなく、結構SFな内容なので、「プライベートライアン」とか「Uボート」なんか... [続きを読む]

受信: 2005/03/21 21:15

» 『ローレライ』 ひとのいたみ [KINEMAtograph[キネマトグラフ]]
パウラ(香椎由宇)という少女がもだえるのは、遠くで別の誰かが死んだサインです。彼女は一般の人間が行う共感を超えた、超共感とも言える力――水を媒介にした間接的な他... [続きを読む]

受信: 2005/03/21 22:34

» ローレライ [シネマの実]
【好感度】 48% 愛するものを守りたい. [続きを読む]

受信: 2005/03/22 14:07

» ローレライ [シネマの実]
【好感度】 48% 愛するものを守りたい. [続きを読む]

受信: 2005/03/22 14:10

» オトコノマロン @ ローレライ(渋谷) [:: N a r o o m ::]
彼のリクエストでローレライを観て来ました。 今年は終戦60年目の年でもあり、戦争モノが続々 公開予定の中、トップバッターがこの作品です。 ※話の内... [続きを読む]

受信: 2005/03/22 14:29

» 『ローレライ』2005年28本目 [映画とJ-POPの日々]
鋼鉄の魔女 『ローレライ』 潜水艦モノにハズレなしとは云うけれど日本では… 第二次世界大戦末期。広島に新型爆弾が投下され広島は壊滅。幾多の命が失われ... [続きを読む]

受信: 2005/03/22 20:44

» 映画など見に行ってみる [かすかに光が見える限り]
ローレライ   朝の9:50からの上映の回を見てきました。途中で「ファ〜」と大声で伸びをする人がいて不愉快でしたが、時間を気にすることなく見ることができました... [続きを読む]

受信: 2005/03/23 22:51

» ローレライ [prototypeシネマレビュー]
映画「ローレライ」を見てきました。結論から言うと「めちゃカッコイイ!」映画です。 [続きを読む]

受信: 2005/03/24 00:36

» ローレライ [prototypeシネマレビュー]
映画「ローレライ」を見てきました。結論から言うと「めちゃカッコイイ!」映画です。 [続きを読む]

受信: 2005/03/24 00:38

» 【映画】『ローレライ』 [こんなものを買った。]
基礎知識なく観にいった。なるほど。日本で戦争もの、しかも潜水艦ものをやるとしたら、こういう形か。素晴らしい設定に、実写でも日本人離れした香椎由宇を使い、喋らせず... [続きを読む]

受信: 2005/03/26 19:50

» ローレライを見た感想 [★Happy Lucky Days★]
原作、終戦のローレライを読んでからの映画鑑賞。 映画の内容はこう…広島に落とされた原爆、いずれは東京に落とされるかもしれない それを救うべく召集された絹... [続きを読む]

受信: 2005/03/29 07:35

» 『ローレライ』 [旅限無(りょげむ)]
■地方都市の小さめの映画館で鑑賞しましたが、立体音響の効果を堪能しました。 原作と映画が採用した歴史的な背景と事実の幾つかを列挙してみましょう。 ○インド洋... [続きを読む]

受信: 2005/04/01 23:07

» 『ローレライ』観て来ました。 [オタクなパート書店員の日記]
ピエール瀧、KREVA、小野武彦、国村隼さん本当に素敵です。 伊武雅刀、もう声だけでも素敵なのに、とっても良かったです。 石黒堅、まさかこんなに格好良く... [続きを読む]

受信: 2005/04/04 13:23

» 「ローレライ」 [rock,shoes,sweets,and darling]
 土曜日、夫と「ローレライ」を観てきました。もうそろそろ終わっちゃうんじゃない [続きを読む]

受信: 2005/04/04 15:28

» 日本のローレライ [映画の花道]
思ってたより、ローレライ結構興行収入いいんで、 気になっていたけど実際観たらよかった! とにかく、日本人を奮い立たせる脚本がいい!演技良し! 日本男児みん... [続きを読む]

受信: 2005/04/05 20:37

» [映画]ローレライ [tuskyのblogってどうよ-2号店-]
2005_06 タイトル:ローレライ 鑑賞日:2005.04.05 場所:池袋ヒューマックスシネマズ4 ジャンル:アクション 配給:東宝 感想:同様な潜水艦... [続きを読む]

受信: 2005/04/06 07:17

» ローレライ、再び・・・ [Yum-Yum(ヤムヤム)Blog]
原作とは違う展開に戸惑いながらも、映像に引き込まれていきました・・・。 [続きを読む]

受信: 2005/04/06 12:23

» ローレライ 。 [++Diary++]
日曜日、久しぶりに映画を観に行きました。 観たのは「ローレライ」 原作は福井晴敏の「終戦のローレライ」です。 福井晴敏は2月末に順番に買い揃えてました。 文庫で... [続きを読む]

受信: 2005/04/06 22:20

» ローレライ [不定期日記2]
ローレライ(←公式サイト)を見てきた。 1945年8月、終戦直前にある潜水艦が出撃する。 ローレライ・システムという新しいソナーを搭載したその潜水艦は、回天特攻隊員を含む、各戦地の生き残り集団が搭乗しており、艦長の絹見(まさみ:役所広司)は部下に腰抜けと思われ..... [続きを読む]

受信: 2005/04/08 11:15

» 遅れたけどローレライ [⑫MightyBlog私的にっし!!!!!!!!!]
先日やっと映画「ローレライ」を観てきた。 ちなみに小説の方は読んでいない。 潜水艦映画ということで昨年から楽しみにしていた一本であった。 、がしかし、 悪いが、ぜんぜん面白くない。 小説をむりやり映画にしているからなのか? ありえない「物」(ローレライ)が登場する設定だからだ。 普通だけど「すごい人」や「すごい戦術」なら分かる。 絶対死なない「ランボー」みたいな。 これならば、「沈黙の艦隊」を映画化... [続きを読む]

受信: 2005/04/10 13:21

» ローレライ観た (真面目的感想) [たぬき新聞桃組]
さて、真面目版ローレライ感想。 個々の役者の演技はキチンと要所を押さえた演技であり安心して見る事が出来る。 またビジュアル的にも邦画にしてはかなり頑張ったと評価できる。 しかし、全体としてみると、大きく不満が残る作品になってしまった。 作品を貫くべき説得力が決定的・致命的に不足している。残念だ。 本作品、「秘密兵器を搭載した特務潜水艦が単艦で、東京に原爆投下を目論むアメリカ艦隊に挑む」という体裁を取�... [続きを読む]

受信: 2005/04/14 01:56

» ★「ローレライ」、嗚呼、記憶を消したいぞ!★ [★☆カゴメのシネマ洞☆★]
「ローレライ」(2005) 日本監督:樋口真嗣  製作:亀山千広  プロデューサー:臼井裕詞 市川南 甘木モリオ  製作総指揮:島谷能成 関一由 千草宗一郎大月俊倫協力プロデューサー:山田健一原作:福井晴敏 『終戦のローレライ』(講談社刊) 脚本:鈴木智撮....... [続きを読む]

受信: 2005/08/22 03:35

» ローレライ [Rohi-ta_site.com]
ビデオで役所広司、柳葉敏郎、妻夫木 聡、香椎由宇、出演の「ローレライ」を観ました。 ●ストーリー 1945年8月、広島に最初の原子爆弾が投下されて間もなく、海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐(堤 真一)は、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を呼び出すと、ドイツ降伏後、日本海軍が密かに入手していた潜水艦「伊507」の艦長に任命し、日本を救うため原爆を積んだ爆撃機が離陸するテニアン島への奇襲攻撃を命じる。 定員にも満たない、寄せ集めの乗組員達を厳しい訓練で鍛えながら..... [続きを読む]

受信: 2005/08/26 02:24

» 映画のご紹介(69) ローレライ [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(69) ローレライ ローレライを観た。 以前、亡国のイージスの映画評を書いたときに、たくさんの方から「ローレライの方が良かった」というコメントをいただき、ずっと気になっていたが、ようやく...... [続きを読む]

受信: 2005/10/29 13:49

» 映画『ローレライ』(LOERELEI)樋口真嗣・福井晴敏 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
気鋭の人気ミステリ作家福井晴敏と、平成『ガメラ』で名を馳せた樋口真嗣監督が、強力タッグを組んで放つ壮大なスケールの潜水艦アクション巨編!! ということで、今回はいつになく激しくネタバレで行きます。 でも、これ読んでから観てもガッカリすることはないと思..... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 23:18

« 映画「シャーク・テイル」 | トップページ | CD>夢の中のまっすぐな道 »