« 今日の新刊No.207 | トップページ | DVD>デアデビル »

2005/01/25

映画「レイクサイドマーダーケース」

ミステリーファンにはたまらない一本だと思うのです! 原作東野圭吾は結構好きな作家ですので期待半分映画はどうだろうなぁという気持ちでした。

--
それがそれがなんととても面白かったのですわ、これが。期待して見て裏切られたことは数あれど、あまり期待しないで予想以上に面白かった時ってものすごく嬉しいのですね。

正直ストーリーについて書いてしまうと全てがネタばれになってしまう気がしてならないので感想のみでやめておきます。

ただ時節柄杉田かおるにどうしても目がいってしまうのですが、残念ながらこの映画の中ではかなり浮いているように感じたのは自分だけでしょうか。役者をやっている役者のような感じというか・・・どうも駄目でした。


--

タイトルレイクサイド
販売:実業之日本社 東野 圭吾
価格\1,575 (定価:\1,575)
媒体:単行本
通常3~4日以内に発送
おすすめ度★★★★☆

Amazon 詳細ページへ 


タイトルレイクサイド 新装版
販売:実業之日本社 東野 圭吾
価格\998 (定価:\998)
媒体:単行本
通常2~3日以内に発送
おすすめ度★★★☆☆

Amazon 詳細ページへ 


|

« 今日の新刊No.207 | トップページ | DVD>デアデビル »

映画」カテゴリの記事

コメント

トラバありがとうございましたm(_ _)m
私は薬師丸ひろこの小ささに遠近感がつかめなかったです(^-^; す、すみません。。

投稿: | 2005/02/01 14:35

>海さんへ
コメントありがとうございます(^^)。薬師丸ひろこ小ささ・・・(^^;。薬師丸ひろこっていまいくつなんでしょうね。髪型とか中年っぽく感じられましたが、振る舞いというかたたずまいはなんか若く感じられましたね。

投稿: ニャンゴロ | 2005/02/02 01:16

TBありがとうございます。TB機能についてまだいまいちでしたのでコメントコメント遅れてしまいました(>_<)

この映画私は逆にすごい期待してみてしまったんですよ。結構前から観に行こう!と期待してて。やっぱりあんまり期待しないほうが良いですよね(笑)面白かったんですけどなんか疲れちゃったというか…でも見てよかったです。
本も読んでみようかなと思ってます。

投稿: すみれ | 2005/02/02 10:00

>すみれさんへ
CMかなにかTVで宣伝を見たような覚えがあったので、面白いのかなぁという期待は私もありました(^^)

#っていうかつまらないと思った映画を見に行くはずありませんが(^^;

投稿: ニャンゴロ | 2005/02/02 22:02

杉田かおる、私も浮いてるカンジを受けました。
あれ?こんな大根役者だったか?みたいな(汗)

投稿: chishi | 2005/02/14 00:23

>chishiさんへ
やっぱそうでした?(^^; 演出じゃないよなぁ。
杉田ファンはあれを許せるのでしょうかね。それともあれがいいのかなぁ。

投稿: ニャンゴロ | 2005/02/14 07:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/2693234

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「レイクサイドマーダーケース」:

» レイクサイド・マーダーケース [::あしたはアタシの風が吹く::]
1月26日(水)レイクサイド・マーダーケース(R15) "犯人はこの中にいます" 名探偵コナン好きの私にはかなり嬉しい設定で満足。(笑) 「お受験」「夫の愛... [続きを読む]

受信: 2005/02/01 10:12

» 映画『レイクサイドマーダーケース』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点で貴方は何点と採点しますか? ※自分の好み度   ←金返せ! / ブラボー!→             0点□□□□□□□□□□10点 ※人... [続きを読む]

受信: 2005/02/14 00:23

» レイクサイド マーダーケース 今年の243本目 [猫姫じゃ]
レイクサイド マーダーケース お受験のお話。こういうの、あまりわからないのよねぇ、、、お受験、、、 有名私立中学へ入学するため、3組の親子が受験へ向けて、湖畔で合宿する。姫神湖って、実在しそうな名前よねぇ。でも、架空なんだって。この中の1組、事件の中心にな...... [続きを読む]

受信: 2005/12/20 23:35

« 今日の新刊No.207 | トップページ | DVD>デアデビル »