« 今日の新刊No.165 | トップページ | 約束 »

2004/11/10

ブルータワー

最近テレビへの露出も多くなっている石田衣良ですが、小説の質は落ちていません。それどころかしっかりと幅を広げて、それがとても面白い。読んでいてわくわくする。

この方の小説はわりかし短編が多いように思いますが、このブルータワーはしっかりとした長編小説。脳腫瘍により余命幾ばくかの男性が、頭痛とともに未来へとタイムスリップ。そこでの自分の役目は世界を救うこと。世界は細菌兵器により汚染されて住める場所は高さ2キロのタワー。この住居を巡る戦いの中、細菌兵器の撲滅にも取り組んでいく。


現実的に計画では1000メートル級の高層ビルもあり、2キロメートルの高層ビルもまるで夢物語ではない。そんなビルが建設されたらそれはやはり一つの街だろうし、国家とまでは行かずとも自治も発生するのかも。

今日のBOOK

ブルータワー

石田 衣良

徳間書店
2004-09-16
売り上げランキング 2,582

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
約束 別冊宝島『石田衣良Style』 1ポンドの悲しみ スローグッドバイ LAST

|

« 今日の新刊No.165 | トップページ | 約束 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/1916950

この記事へのトラックバック一覧です: ブルータワー:

« 今日の新刊No.165 | トップページ | 約束 »