« 映画「キャットウーマン」 | トップページ | DVD>赤い月 »

2004/11/07

映画「血と骨」

世界の北野武が100%役者として主演していることでも話題の血と骨。

初っ端からいきなり圧倒されました。鈴木京香を犯す北野武。鈴木京香を殴る北野武。とにかく暴れる北野武。思わずこちらの身がすくむほどのバイオレンス満載の北野武。すごかったです、北野武。

って北野武ばかりですが、他にも活躍する役者はいますが圧倒的だったのはどうしても北野武。

また腐肉を食らうシーンがあったのですが、他にもいろいろと食事をするシーンが登場しています。これがとてもおいしそうでたまりませんでした。豪華な食卓よりもなぜか家庭的な食卓に憧れてしまう。普段の食生活の貧しさをおもわず反省してしまいました。余談です。

|

« 映画「キャットウーマン」 | トップページ | DVD>赤い月 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/1888535

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「血と骨」:

» 日曜日はまとめ読みの日,04年11月第1週 [マガジーンズ]
日曜日は、今週の話をズバッとまとめよみ。 マガジーンズ内外、共にトラックバックで振り返ります。... [続きを読む]

受信: 2004/11/07 18:30

» 血と骨 [HR BLOG]
一大センセーションを巻き起こした梁石日の自伝的小説の映画化となる本作は、激動の大正・昭和を生きた朝鮮移民とその家族の肖像を描く壮烈な人間ドラマ。原作者の実父をモデルとした主人公・金俊平は、在日一世として裸一貫から身を立てるが、狂気じみた言動で周囲を怖れさせ、生涯を孤独の中に生きた男。そんな父を見つめる息子の視点から、物語は語られる。 goo movie... ... [続きを読む]

受信: 2005/05/29 07:13

« 映画「キャットウーマン」 | トップページ | DVD>赤い月 »