« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月

2004/01/31

ローズガーデン

今日のBOOK
ローズガーデン 桐野 夏生 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/30

DVD>ダイ・ハード

何度でも観られるアクション映画。お買い得。

今日のDVD
ダイ・ハードDie Hard

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD>カル

う~ん、衝撃的だ。事実、あり得そうだからなぁ。

今日のDVD
カルTELL ME SOMETHING

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/29

ΣBook(シグマブック)

ついに(また?)電子ブックプレイヤー発売なり。

http://matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn040129-2/jn040129-2.html
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/17387.html

端末で約4万円。相当メリットがないと買わないし、買えない。でも一度手にとって実際にみてみたい。興味はあるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シービスケット

映画の競馬シーンの迫力がすごい!
今日のBOOK
シービスケット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/28

キャッチャー・イン・ザ・ライ

ぢつは他の翻訳者のものは読んだことがないのですが、村上春樹訳はいかがなものなのでしょうか。村上春樹の文章が好きなので、十二分に満足しているのですが。
今日のBOOK
キャッチャー・イン・ザ・ライ J.D.サリンジャー (著), 村上 春樹 (翻訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/27

OSを入れ替える!の巻

先日購入したThinkPadのOSをとりあえずも98→Windows2000Professionalに入れ替える。
入れ替え作業だけ(なんもなっとらんけれども)1時間30分。

こんなにインストールって作業時間かかるものだっけか。
今後さらにパワーアップの予定だが、とりあえずインターネットにつながらないので、今日はこのまま不貞寝なり。

#ふてねってこんな字を書くのね。悪そうな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムライン

今日電車で原書を読んでいる女性を見つける。かっこよかった。

今日のBOOK
タイムライン〈上〉ハヤカワ文庫NV
タイムライン〈下〉ハヤカワ文庫NV マイクル クライトン (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/26

ウェブログ☆スタート!

blogの歴史をひもとく一冊として。

今日のBOOK
ウェブログ☆スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/25

半落ち

映画の前に原作に目を通すことを強くおすすめ。ストーリー自体が面白いのだが、映画では細かい事情まで描いてない。一度目を通してからみると、映画もより深く理解できる、とおもう。
今日のBOOK
半落ち 横山 秀夫 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖(さとし)の青春

将棋に命をかけた青年。その魂の声を書き留めた一冊。
『必死』って必ず死ぬって書くんだなと、ふと思う。

今日のBOOK
聖(さとし)の青春 大崎 善生 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/24

気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ

汚いよりもきれいな方が落ち着く。でもそういう人に限って片づけがへただったりするんだよね。
今日のBOOK
気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/23

ThinkPad A21eを手に入れる

中古品ながら念願のノートPCを手に入れる。
IBMのThinkPad A21e。3年程前のモデルながら、モバイルceleron600MHzでHDDが10G。省デスクトップとして使えるように、LANボードやモデムなどはすべてオン搭載なり。

重たくてとてもじゃないがもって歩くのはむり。モバイラーしたいが体力がないのでそれは断念するか。

しばらくはこのノートパソであそぶぞっと♪

#本体だけじゃなく、メモリ不足で動作も重いぞっとお約束♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉桜の季節に君を想うということ

このミステリーがすごい』と『本格ミステリ・ベスト10』で見事1位を獲得。ふつーに読めば面白い。大作といわれたらどうかな。

今日のBOOK
葉桜の季節に君を想うということ  歌野 晶午 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/22

ZOO

今日のBOOK
ZOO 乙一 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/21

DVD>御法度

いやん。だめん。それはいかんよ。

#いみふめ

今日のDVD
御法度~GOHATTO~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蹴りたい背中

芥川賞受賞作! 史上最年少受賞! すげー! で、読むとちょっとがっかりするかも。でも、普通に面白いよ。

今日のBOOK
蹴りたい背中 綿矢 りさ (著)

石原さんが一人は△。一人は×と今回の芥川賞作品を評価していたが、どっちがどっち?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/20

池袋ウエストゲートパーク

第129回直木賞作家石田良衣のデビュー作なり

今日のBOOK
池袋ウエストゲートパーク 石田 衣良 (著)

ドラマも最高。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/19

江戸川乱歩全集 第4巻

乱歩Rもやっていることだし。

今日のBOOK
江戸川乱歩全集 第4巻 孤島の鬼  江戸川 乱歩 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/18

野生時代 新創刊3号

新創刊第3号目。この勢いをどこまでもつづけてもらいたい。

今日のBOOK
野生時代 新創刊3号 (2004 2) (3)KADOKAWA文芸MOOK 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/17

解夏

1月17日公開「解夏」を観てくる。泣かせてくれる映画だと思っていたものの、まさか映画館で涙してしまうとは。
ぐわぁ。

今日のBOOK
解夏(げげ) さだ まさし (著)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

後巷説百物語

祝! 京極夏彦の直木賞受賞!!

今日のBOOK
後巷説百物語Kwai books 京極夏彦(著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/16

びっくりプライス

で、肝心の蹴りたい背中がAmazonのユーズド商品としてびっくりプライス(^^;9860円で売っている人がいるよ。定価1000円でふつーに買える本だぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最年少芥川賞作家

最年少芥川賞作家とのこと。
記者会見の出で立ちがふつーっぽくてよかった。

Amazonの売り上げランキングでは、1位綿矢 りさ 2位金原 ひとみの独占状態。

うーん、買って読んでみるかな。

個人的には京極夏彦の直木賞受賞が喜ばし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD>猟奇的な彼女

よく笑わせれくれて、幸せにしてくれる。

今日のDVD
猟奇的な彼女My Sassy Girl

#この映画のタイトルの意味を知っている方、教えてください。あんまりぴんとこないんだけれど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/01/15

ゲーム脳の恐怖

<恐怖>と銘打ってあるだけ有り、ゲームは脳に悪作用があるらしいゾ。

今日のBOOK
ゲーム脳の恐怖生活人新書 森 昭雄 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/14

本の雑誌 248号

今日のBOOK
本の雑誌 248号 (248)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/13

艶めき

自立する女性。静謐に澄んでいく、日々。少しの波に艶めく。いいね。

今日のBOOK
艶めき 藤田 宜永 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/12

本の置き場所

今日のBOOK
本の置き場所作家のエッセイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/10

セガ・ゲームの王国

10年前のセガ。第2版とかでないかな。この10年をまとめるだけでもま30年40年分の違いはあるとおもうけれども。

今日のBOOK
セガ・ゲームの王国 大下 英治 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/09

DVD>CUBE2

わけわかんねー こえーんだよっっ! と小声で怒鳴りたくなるよ!

今日のDVD
CUBE2 キューブ 2 特別版CUBE2:HYPERCUBE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/08

ターン

今日のBOOK
ターン―Turn 北村 薫 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私がアナウンサー

心。葛藤。整理してアウトプットできることってすごい。

今日のBOOK
私がアナウンサー 菊間 千乃 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林望私訳 新海潮音―心に温めておいた四十三の英詩

英語で詩がわかれば、もっとよいのにな。

今日のBOOK
林望私訳 新海潮音―心に温めておいた四十三の英詩 林 望

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の中心で、愛をさけぶ

いい話を純粋にいい話とおもえる、心を持ちたい。

今日のBOOK
世界の中心で、愛をさけぶ 片山 恭一 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/07

影踏み

どきどき。読ませてくれるや。
警察用語満載で、知っている人にはうんうん。知らない人はふむふむ。

#あたりめーだ(^^;

本日のBOOK
影踏み 横山 秀夫


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/06

漫画にマンガ

今日は漫画ばかり。

今日のBOOK
シャーマンキング (20)ジャンプ・コミックス 武井 宏之 (著)

シャーマンキング (21)ジャンプ・コミックス 武井 宏之 (著)

シャーマンキング (22)ジャンプ・コミックス 武井 宏之 (著)

シャーマンキング (23)ジャンプ・コミックス 武井 宏之 (著)

シャーマンキング (24)ジャンプ・コミックス 武井 宏之 (著)

シャーマンキング (25)ジャンプ・コミックス 武井 宏之 (著)

シャーマンキング (26)ジャンプコミックス 武井 宏之 (著)

シャーマンキング (27)ジャンプコミックス 武井 宏之 (著)

ドラゴンボール 27 完全版 (27)ジャンプコミックス 鳥山 明 (著)

ドラゴンボール 28 完全版 (28)ジャンプコミックス 鳥山 明 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/05

質問! どのくらいの頻度でココログ巡回していますか?

%タイトル%ですべて言い切ってしまっているのですが(^^;

ココログナビの新着記事一覧に載ることで結構いい宣伝になるかと思っているのですが、いかんせん新着ページはどんどんと流されてしまう。なので、一日でどれくらいの頻度でココログサイト漁っているのか、時間帯はどのあたりか把握できたら効率よく宣伝できるかなと思ったもので(^^;

コメントorトラックバックお待ちしとります。

§

ココログの現在のページ数がどれくらいなのか知らないのですが、新着ページをみているとものすごい記事が投稿されてますなぁ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DVD>ターミネーター 3

最初は今までのターミネーターとは違うテイスト。でも最後はやっぱりターミネーターテイスト。

#しかしシュワちゃん若いね。

本日のDVD
ターミネーター 3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「すべては愛のために」

主演はトゥームレイダーでお馴染み、アンジェリーナ・ジョリーなり。目で人は物言うと言うけれども、この人の「目力」は半端じゃないね。よくこれだけ訴えかけてくれるものだと感心感激。

エチオピアの朝日のシーンに思わず感動。
朝日のきれいな所にでも出かけてみようかな。

公式サイト すべては愛のために

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/04

CMN用ココログ巡回用エクステンション1.12へバージョンアップ

CMN用ココログ巡回エクステンションが1.12にバージョンアップ。

RDF非生成@niftyココログ用巡回エクステンションcmn_@nifty_blog2.cpsの修正を行いました。

本格焼酎忘備録へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーチボックス追加

Amazon用のサーチボックスを追加しました!
bk1用の検索はSerch bk1をご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャーマンキング (19)

今日のBOOK
シャーマンキング (19)ジャンプ・コミックス 武井 宏之 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャーマンキング (18)

今日のBOOK
シャーマンキング (18)ジャンプ・コミックス 武井 宏之 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャーマンキング (17)

今日のBOOK
シャーマンキング (17)ジャンプ・コミックス 武井 宏之 (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書店風雲録

現在の池袋大型書店戦争--現在へと続く池袋リブロの歴史を紐解く。
今日のBOOK
書店風雲録 田口 久美子 著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お手軽CMN巡回の設定方法

ココログを手軽に巡回できるソフトCMNで巡回するためのお手軽設定方法です。

1.CMN本体ダウンロード&インストール CMNサイト(http://www.cube-d.com/cmn/)より適当なフォルダにダウンロードし、インストールを行う。 基本的に問題がなければデフォルト値のままインストール。

2.巡回エクステンションのダウンロード
先ほどのサイトよりココログの巡回用エクステンションをダウンロード
(機能拡張のページより@niftyココログ(blog) 1.11 (特定)を探して落とす)
  
落としたエクステンションを1でインストールしたフォルダの中にあるExtensionsにすべて解凍する。
(デフォルト値=C:\Program files\CMN\Extensionsにファイルの中身を解凍)

3.巡回用の設定
CMNを起動し、メニューより
[ファイル]-[フォルダ]-[新規作成]-[巡回用フォルダ作成]を選択
  
ここではかりに『ココログ巡回用』としておく。
  
3.1.巡回用掲示板の設定
作成された『ココログ巡回用』フォルダを右クリックし、フォルダプロパティを開く
  
プロパティを開いたらフォルダ属性タブのフォルダ属性が[巡回用フォルダ]になっていること及び[通常巡回する]にチェックが入っていることを確認する。
  
[掲示板の種類]をcmn:@nifty_blogもしくはcmn:@nifty_blog2にする。
  
3.2
次に掲示板タブをクリックし、
左端に並んでいるチェックボックスにチェックを入れて、
チェックの入れた行を選択したまま編集ボタンをクリック。
  
開いた掲示板情報に
[掲示板ID]と[www]を入力する。
[掲示板ID]は何でもよいが登録サイトの重複しないように個別識別名を入力することをおすすめする。
当サイトならhttp://nyangoro.cocolog-nifty.com/のnyangoro部分。
[www]欄には当サイトならばhttp://nyangoro.cocolog-nifty.com/nyanmemo/
としてディレクトリ名までを入力する。
 
※http://nyangoro.cocolog-nifty.com/だけでも巡回はとりあえずできる模様

掲示板名についてはCMNの巡回時に自動取得してくれる。
  
4.巡回する
登録が終わったら早速巡回する。

  

これにてCMNを使用してココログが巡回できます。

ここではCMNにココログ巡回用エクステンションの設置についての説明に的を絞っています。ほかにも個人情報設定を行えば@niftyフォーラムの巡回など行え、また巡回パターンの設定を行えばより柔軟な巡回が行えます。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

季刊・本とコンピュータ 2003年冬号

今日のBOOK
季刊・本とコンピュータ 2003年冬号 「本とコンピュータ」編集室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/03

アクセスカウンターを設置してみて

当ページにもアクセスカウンターを設置してみました。
ココログに載せることでどれくらいのアクセスがあるのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たったひとつのたからもの

たまらないね。今日はもういっぱいいっぱい。

今日のBOOK
たったひとつのたからもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の雑誌 2004年1月号

今日のBOOK
本の雑誌 (2004-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windowsはなぜ動くのか

ベストセラーになったのでご存じの方も多いかと思いますが『Windowsはなぜ動くのか』です。

ベストセラーになるのにはやはり理由がある! Windowsでプログラムを組んだことがあればなんとなぁくわかっている事項についても背景からなぜそうなっているのか、その理由を明確にしてくれています。

今日のBOOK
Windowsはなぜ動くのか 天野司

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/02

旅のお供に『FF XI』

大晦日に購入してきた『FINAL FANTASY XI』、元日からがんがんプレイしまくっております。ウルティマオンラインで遊んだときもそうだったのだが、オンラインゲームは自由行動が基本的スタンスのため、まず最初にするべきことがわからない。

街の中をうろちょろと1時間。おそるおそる外に出てモンスターと死闘を演じ、逃げ帰ってきて1時間。この後さぁどうしようと言うことになる。

ネット情報をあさっていると様々なプレイスタイルがあるみたいだが、やはり旅の指針として攻略本が役に立つ。

今日のBOOK
ファイナルファンタジーXI Vana' diel


今日のGAME

coverFINAL FANTASY XI エントリーディスク

coverFINAL FANTASY XI ジラートの幻影


coverFINAL FANTASY XI ジラートの幻影 オールインワンパック2003

ウルティマオンライン関係

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/01/01

携帯からのココログ

携帯からのココログ初投稿! やっぱり改行位置とか分からないのでつれづれるままになりそうだな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのデザインって崩れませんか

年末からココログを利用しているのですが、デザインの変更を行うと表示が崩れませんか。

今レイアウト変更で両サイトバー付きを選んで更新したら、左サイドバーが上に。その下に本文と右サイドバーが。

うーん、どうしたら直るんだろう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

bk1ブリーダーシステムについて

で、自分が運営するbk1のブリーダーサイトについて以下に紹介しておきます。

bk1 Search URL< http://homepage1.nifty.com/nyangoro/ >
になります。

このページからbk1への検索が行えるほかすこーしだけ本の紹介など行っております。

#でもこちらで書いていった方が楽なので、紹介は基本的にこちらで行うつもり。

当サイトはbk1のブリーダーシステムに参加しているため、上記サイトからの注文を行うと主催者である私に対して3%のbk1ポイントとして見返りがあります

はっきり言って少しでも売り上げを上げて本代の足しにするつもりです(きっぱり)。

みんなの力をおらに分けてくれ(by ドラゴンボール 孫悟空)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bk1について

bk1について

有名なのはAmazonなどのオンラインサイトが比較的有名で利用されているかと思う。しかし今回おすすめしたいのはbk1である。

Amazonは本以外にもCDやゲームなど様々なものが購入できるため非常に便利である。

しかし、本を購入するのならば定価販売がすべての日本ならば価格では比較できない。日本の出版物であればどこでかっても基本的に一緒である。ではオンラインサイトでの決め手となるのは何であろうか。

bk1とAmazonまたその他のブックオンラインショッピングサイトがあるが、bk1の優れている所といえばそれは「とにかく発送が早い」ことにつきるだろう。

Amazonもよく利用しているが、24時間以内発送商品についてもいったいいつ発送されるのかわからないことが多い。経験上翌日(これが24時間という意味なのか、常々疑問)に発送されている模様。しかし発送メールが翌日の夜間帯だったりする。これってAmazonの梱包が終わっただけで宅配会社が引き取るのってさらに一日遅れて翌日になると思うんだよね。んで、Amazonが使用している日通ペリカン便の場合、翌日配送が基本になる。

結局Amazonの24時間発送といっても到着まで3日程度。最悪のケースだと1週間待たされることになる。

bk1の場合。
関東圏内にかぎっていえば、当日配送が可能である。というのもbk1のサイトでも謳われているが10時までに注文されたものについてヤマト運輸のTODAY便を利用することにより、当日配送可能となっているのである。9時30分過ぎに注文を出して当日の夕方に荷物が配送されたときの感動はありません。

※通常配送の場合メール便となり、この場合も翌日到着が基本となる。
 しかし、別料金または一定の重量以上になると自動でTODAY便が選択される。
 この場合は送料無料サービスが適用される。

オンラインサイトのメリットである検索機能もまたデータベースもしっかりしたものが使われているため、Amazonなどの大手サイトにも引けをとらない。またカスタマーサービスも非常に小回りのきく印象を受けている。

とりあえず一度利用してもらいたいサイト。

※ちなみに私はbk1関係者ではありません。あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ケータイで読む文庫

ちょっと紹介。

角川書店のサービス「文庫読み放題」を現在利用しています。紹介ページはこちらから。月額300円で登録されている作品がすべて読み放題。12月現在で登録されている作品数は約30作品。比較的最近の出版である「青の炎貴志 祐介から「吾輩は猫である夏目漱石までが一通りそろっている。

まだまだ数こそ少ないが、粒ぞろいの作品がアップロードされている。また携帯ならではのサービスとして「連載」がある。基本的に毎日アップロードされる。新聞の連載小説のようなものである。新聞とは違い、いつでもどこでも読める点がある。結構これが便利で私もこちらをメインに毎日読んでいる状態です。

実際に携帯で読書をしてみるとわかるのだが、これが意外や意外。とても”読みやすい”のである。携帯メールなど日頃から使用していればわかると思うが、最近の高解像度の携帯液晶ならば通常の文字はもとよりルビもしっかりと読める。今連載中の森村誠一の小説など非常に漢字が多くかつ難しい! そのためにルビを付けて読んでいるのだが、それでdも何のストレスもなく読める。

携帯ならではという使い方としてちょっとした空き時間にでも読める(携帯をすぐに取り出せるようにしている人が多いのでは?)。また電車などで持ち込んだ本をすべて読み終えてしまい不安になってしまう活字中毒者にも安心。さっと携帯をとりだして文庫が読めちゃうのです。

さぁ、あなたも今日から快適文庫生活を!  

※ちなみに私は角川関係者ではありません。あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »